ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 震災関連 > 被災・復興状況 > 町の状況 > 町内の被災・復興状況について


町内の被災・復興状況について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月24日

現在の町の状況

現在、大熊町は原子力災害により、帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域の3つに分けられています。2018年4月24日(火曜日)から、町内の居住制限区域(大川原)と避難指示解除準備区域(中屋敷)で実施しています。

大熊町管内図

大熊町管内図 [PDFファイル/2.86MB]

帰還困難区域

放射線の年間積算線量が50ミリシーベルトを超えており、5年が経過しても年間積算線量が20ミリシーベルトを下回らないおそれのある地域です。引き続き避難指示が継続されます。

区域に含まれる地区

(野上1区、野上2区、下野上1区、下野上2区、下野上3区、大野1区、大野2区、熊1区、熊2区、熊3区、町区、熊川区、野馬形区、小入野区、大和久区、夫沢1区、夫沢3区、夫沢3区)

  • 大熊町夫沢
  • 大熊町小入野
  • 大熊町熊川
  • 大熊町小良浜
  • 大熊町熊
  • 大熊町野上
  • 大熊町下野上

居住制限区域

放射線の年間積算線量が20ミリシーベルトを超えるおそれがあり、住民の被ばく線量を低減する観点から、引き続き避難の継続を求める地域です。

区域に含まれる地区

(大川原1区、大川原2区)

  • 大熊町大川原
  • 大熊町熊の一部

避難指示解除準備区域

放射線の年間積算線量が20ミリシーベルト以下となることが確実であると確認された地域です。引き続き避難指示が継続されますが、復旧・復興のための支援策を迅速に実施し、住民が帰還できるよう環境整備を目指す地域です。

区域に含まれる地区

(中屋敷区)

  • 大熊町野上の一部

中継基地とゲート、バリケード

町内には、平成27年3月現在、一時立入りのための中継基地(スクリーニング場)とゲートが設置されています。

また、町外の第三者による無断での立ち入りや危険個所への立ち入りを防止するため、バリケードや通行止めの表示を設定している箇所があります。

ゲートの位置や通行方法については変更になる場合があります。最新の情報は、「一時立ち入り・交通規制」ページや広報紙、一時立ち入りコールセンターから送付される資料で確認してください。

町内の放射線量率測定

町内167か所の空間線量等を3月と9月の年2回測定しています。

その他にも、土壌や空気中に含まれる放射性物質濃度の測定を行っています。

結果は「大熊町測定放射線量」ページでお知らせしています。

問い合わせ先

環境対策課

福島第一原子力発電所20km圏内の空間線量率測定について

町内のモニタリングポストで測定した放射線量率については、原子力規制委員会から発表されています。

原子力規制委員会からの発表後、大熊町内の結果を抜粋して「大熊町内モニタリングポスト」ページに掲載しています。

問い合わせ先

原子力規制庁 監視情報課
電話番号:03-5114-2125

除染について

除染は国が管轄しています。

説明会や計画については、随時、町からも「除染」ページや広報紙でお知らせしていきます。

問い合わせ先

環境省 除染・廃棄物に関するお問い合わせ窓口

  • (東京)電話番号:03-6741-4535
  • (福島)電話番号:024-523-5391

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ