ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 被災に関する証明 > 被災証明書
ホーム > 分類でさがす > 震災関連 > 生活支援 > 避難に関する手続き > 被災証明書


被災証明書

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月5日

被災証明書は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災における原子力災害の被災者に発行しているものです。窓口または郵送で請求できます。

平成26年6月以降はカード型も発行しています。なお、従来発行していました被災証明書は引き続き使用できます。

被災証明書を請求できる人

平成23年3月11日に発生した東日本大震災における原子力災害の被災者である方です。

※平成23年3月11日以降に生まれたお子さんは交付対象となりませんので、ご了承ください

請求方法

町役場窓口(住民課、会津若松出張所・いわき出張所・中通り連絡事務所)または郵便(送付先は会津若松出張所のみ)により発行していますので、必要な方は次のとおり請求してください。

窓口で請求する場合

次のものを揃えて、窓口で申請してください。

  • 印鑑
  • 窓口に来た方の本人確認書類
    詳しくは「本人確認について」のページでご確認ください
  • 本人および同一世帯以外の人が請求する場合は、委任状

郵送で請求する場合

次のものを揃えて、大熊町役場会津若松出張所 避難者名簿係まで送付してください。

  • 被災証明書交付請求書
  • 請求者の本人確認書類(※1)のコピー
  • 返信用封筒(※2)
  • 委任状(本人および同一世帯員以外の人が請求する場合)

(※1)官公署が発行した顔写真付きの証明書(運転免許証、住基カードなど)
顔写真がないものについては、2種類以上の証明書が必要です(例 健康保険証と年金手帳)
詳しくは「本人確認について」のページでご確認ください

(※2)送付先の住所と氏名を記載し、切手を貼ってください。
また、役場に登録されている避難先住所と相違する場合はお送りできませんのでご注意ください

被災証明書交付請求書について

郵便で請求する際に使用する被災証明書交付請求書は、以下からダウンロードできます。

被災証明書交付請求書 [PDFファイル/96KB]

ダウンロードや印刷ができない場合などは、任意の様式でも受け付けます。以下の必要事項を記載してください。

  1. 請求者の氏名(転出された方で氏名に変更がある場合は、旧氏名も記載してください)
  2. 請求者の大熊町住所
  3. 請求者の避難先住所(転出された方は現住所)
  4. 請求者の日中連絡がとれる電話番号
  5. 被災証明書が必要な方の氏名・生年月日・避難先住所または現住所
  6. 必要な方それぞれの希望枚数および様式
    ※様式は、カード型または従来の紙製のいずれを希望するかを記載してください。また、被災証明書に、避難先の住所または現住所を記載するかどうかを指定してください

カード型の被災証明書を交付しています

平成26年6月からカード型の被災証明書を発行しています。従来の紙製と同様にご使用できます。

カード型被災証明書の見本の画像

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ