ページの先頭です。

施設に対する町民の思い

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月26日

中間貯蔵施設の計画では、用地が町面積の約7分の1に該当し、居住地の約3分の1にもおよびます。建設受け入れは、多くの町民へ大きな影響を与えました。震災記録誌には、施設受け入れまでの経緯とともに、町民の思いを証言として掲載しています。その方たちの中間貯蔵施設に対する思いをご紹介します。

町民の証言「復興のために受け入れた、中間貯蔵施設」(小入野区住民 根本 充春さん)

町民の証言「あきらめ、矛盾、交錯する思い」(夫沢3区住民 富田 英市さん)

このページの先頭へ