ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 住民意向調査 > 大川原地区復興拠点交流ゾーン町民聞き取り調査結果

大川原地区復興拠点交流ゾーン町民聞き取り調査結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月5日

大川原地区復興拠点に整備する「交流ゾーン」について、町民の皆さんにご意見を伺う聞き取り調査(ヒアリング)を2月3~4日に大熊町役場いわき出張所で開催しました。
いただいたご意見などをまとめた報告書が完成しましたのでご覧ください。

調査対象

平成27年の意向調査で「帰還したい」・「判断がつかない」・「帰還しないが町とのつながりを持ち続けたい」と回答された町民の方で、参加希望をいただけた98人。

調査方法

班に分かれて意見を出し合うワークショップ形式で、交流ゾーンや町に対する思いについて聞き取りを実施。

調査報告書

交流ゾーン町民聞き取り調査報告書 [PDFファイル/3.69MB]

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ