ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 要望活動など > 東日本大震災に係る要望

東日本大震災に係る要望

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年4月28日

町長と大熊町議会(9名)とで、政府等へ要望活動を行いました。

要望先

  • 民主党本部(対応者 藤村幹事長代理)
  • 農林水産省(対応者 鹿野道彦大臣)
  • 厚生労働省(対応者 細川律夫大臣)
  • 首相官邸(対応者 菅直人総理大臣)
  • 経済産業省(対応者 松下忠洋副大臣)

要望した内容

  1. 事故を一刻も早く終息させること
  2. 原子力災害の補償は、国の責任で全額補償すること
  3. 被災者の民間アパート借上げについて、支援対象とすること
  4. 個人事業者・中小企業者の営業補償仮払いを実施するよう指導すること
  5. 一時帰宅について、1世帯複数人の帰宅、自家用車の持ち出し、3km圏内の立ち入りについて特別な措置を講じること

その他 6項目についてです。

次に、東京電力株式会社(対応者 清水正孝社長)を訪ね、

  1. 事故を一刻も早く終息させること
  2. 原子力災害に対する補償は、全額補償すること

この2点について、要望しました。

このページの先頭へ