ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 要望活動など > 大熊町の除染に関する緊急要望書

大熊町の除染に関する緊急要望書

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年8月20日

8月20日、早急な大熊町内での除染の実施を求め、渡辺町長から細野豪志原発担当大臣に要望書を提出しました。

以降要望書原文

内閣府特命担当大臣 細野 豪志 様
原子力経済被害担当大臣 海江田 万里 様


大熊町の除染に関する緊急要望書

今般の東日本大震災に起因する福島第一原子力発電所事故により、町機能ごと県内外に集団避難を余儀なくされる事態となり、原子力発電所の安全確保に一元的責任を有する国を信頼してきた大熊町としては、大変強い衝撃を受けております。

さらに、いまだ福島第一原子力発電所事故の収束目処は立っておらず、加えて放射線による汚染の厳しい現状が明らかになってきております。

福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質により周辺地域の表層土壌等が汚染されておりますが、震災から5ヶ月以上経過した今現在も、土壌や山林汚染に対する除染方法は明らかになっておりません。町民達はどうすればふるさとが以前のように生活できるようになるのか、また、いつになったらふるさとに戻ることができるのかを全く想像できない現状、終わりの見えない避難生活に将来に対する不安を隠しきれません。

放射性物質により汚染された地域が、どのように除染されていくのかという除染実績を作ることで、大熊町へ戻ることを切に望んでいる町民に希望を与えることができます。

また、大熊町の住民が居住できることが、今後、福島第一原子力発電所の廃炉を進めるにあたって生じる雇用の確保、また放射線等に関する研究・医療等あらゆる分野に対して必要不可欠であります。

つきましては、かかる状況を十二分にご推察いただき、下記により緊急要望を提出いたします。

放射性物質により汚染された地域の除染実証モデルとして、早急に大熊町内で除染を実施すること。

平成23年8月20日
大熊町長 渡辺 利綱

 

このページの先頭へ