ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 復興への動き > 第一次大熊町復興計画(案)最終取りまとめを提出しました

第一次大熊町復興計画(案)最終取りまとめを提出しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月6日

大熊町復興計画策定検討委員会が9月6日、渡辺町長に「第一次大熊町復興計画(案)最終取りまとめ」を提出しました。

この最終取りまとめは、今年3月に提出した「第一次大熊町復興計画(素案)」に、5月に実施した町民アンケートの結果を反映させています。特に「短期的取り組み(直近の課題)」と「中期に向けた取り組み(町外拠点設置まで)」を中心に検討を重ね作成されています。

菅原祐樹委員長は「ふるさとを思う私たち町民の思い、願いを一刻も早く実現していきましょう」と手渡し、渡辺町長は「真摯に受け止め、一日も早い大熊町の復興を目指します。9月議会に提案し、承認を得て、復興の指針としていきます」と計画(案)を受け取りました。

この計画(案)は今後、9月11日~21日に開かれる第3回大熊町議会定例会に提案されます。

議会に承認され、正式な復興計画となり次第、町民の皆様にお知らせします。

このページの先頭へ