ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 要望活動など > 平野復興大臣が大熊町を視察しました

平野復興大臣が大熊町を視察しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月7日

大熊町民との懇談会の様子
大熊町民との懇談会

平野復興大臣が11月4日、大熊町内の住宅の劣化状況などを視察しました。

この日は、大川原地区や旭台、オフサイトセンター、大熊中学校、総合スポーツセンター、県水産種苗研究所などを視察しました。

町内視察の後、いわき連絡事務所でいわきの仮設住宅に住む町民と懇談しました。

町内を視察した大臣は、風雨などの影響で劣化した住宅の現状に「劣化が進む住宅の対策を考えなければならない」と話しました。

また、懇談会では、町民から「元の生活ができるように尽力してほしい」「民法では損害賠償請求期間が3年間であるので見直してほしい」「まずは町民の生活基盤をしっかりすることが大事」などの意見が出されました。

このページの先頭へ