ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 復興への動き > 大熊町見回り隊が防犯パトロールを開始しました

大熊町見回り隊が防犯パトロールを開始しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月11日

防犯パトロールに当たる大熊町見回り隊の車を撮影した写真
防犯パトロールに当たる大熊町見回り隊

警戒区域が解除され区域が再編された大熊町内では、大熊町見回り隊が防犯パトロールに当たっています。

見回り隊は、町民27人5班で編制され、避難解除準備区域や居住制限区域を午前9時から午後3時まで2台の車輌でパトロールしています。

パトロール初日となった12月10日は、午前8時頃楢葉町役場を出発し、居住制限区域となった大川原地区、避難解除準備区域となった中屋敷地区のバリケードを開放し、両地区を巡回しました。

このページの先頭へ