ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 復興への動き > 長期避難者等の生活拠点の形成に向けた取組方針について

長期避難者等の生活拠点の形成に向けた取組方針について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月4日

9月20日、復興庁が、長期避難者等の生活拠点の形成に向けた取組方針を公表しました。この取組方針は、長期避難者等の生活拠点(町外コミュニティ)の形成に向けて、受入市町村ごとに、福島県、受入市町村、避難元市町村、国が復興公営住宅整備、道路等の関連基盤の整備、避難者の交流事業などのソフト施策等に関して、具体的な協議を行い作成したものです。

大熊町としては、会津若松市、郡山市、いわき市の3市との協議に参加しております。

今後も関係機関と協議を行い、随時見直しを図りながら取組方針に変更・追加があった場合にはお知らせしてまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ