ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 復興への動き > 福島第一原子力発電所4号機使用済燃料プールからの燃料取り出しについて

福島第一原子力発電所4号機使用済燃料プールからの燃料取り出しについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月29日

福島第一原子力発電所4号機は建屋が水素爆発で損傷しており、使用済燃料プール内の燃料をより信頼性が高い状態で保管するために共用プールへ移動させる必要があります。そこで、東京電力株式会社は平成25年11月18日、4号機使用済燃料プールから燃料を取り出すための作業を開始しました。本作業については、平成26年末頃に完了する見込みです。

町としては、今後も東京電力株式会社に対して安全対策を徹底するよう強く求めていきます。

4号機使用済燃料プール内の燃料本数(平成25年11月18日現在)

1,533本(使用済燃料1,331体、新燃料202体)

使用済燃料プールからの燃料取り出し工程

(東京電力株式会社資料より)

使用済燃料プールからの燃料取り出し工程イメージ図

このページの先頭へ