ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 要望活動など > 国と東電に要望書を手渡しました

国と東電に要望書を手渡しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日

国に要望書を手渡す渡辺町長の写真

国に要望書を手渡す渡辺町長

国の原子力損害賠償紛争解決センターは、避難指示区域内の住民が精神的損害賠償の増額を求めて集団で申し立てたADR(裁判外紛争解決手続き)に対して増額の和解案を示したため、双葉地方町村会(会長:渡辺利綱町長)では5月22日、双葉郡8町村の被災者も同様に扱うよう国と東電に要望書を手渡しました。

国に渡した要望書

下村博文文部科学大臣あて 原子力損害賠償に関する緊急要望 [PDFファイル/118KB]

東電に渡した要望書

東京電力株式会社あて 原子力損害賠償に関する緊急要望 [PDFファイル/146KB]

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ