ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 要望活動など > 経済産業副大臣と意見交換を行いました

経済産業副大臣と意見交換を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月30日

赤羽経産副大臣は27日、大熊町役場会津若松出張所を訪れ、渡辺町長と町の復興などについて意見交換しました。

赤羽副大臣は浜通りをロボット産業の最先端地域にする「福島・国際研究産業都市(イノベーションコースト構想)」について説明され、東京オリンピックが行われる2020年には、世界中が浜通りの再生に注目すると述べました。

このページの先頭へ