ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 中間貯蔵施設 > 受入までの経緯 > 中間貯蔵施設について石原前大臣が説明しました

中間貯蔵施設について石原前大臣が説明しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月1日

環境省は26日、27日の両日、大熊町は会津若松出張所で町議会全員協議会と行政区長会に対し、中間貯蔵施設の受け入れに伴う生活再建・地域振興策を説明し、整備への理解を求めました。

このうち26日の全員協議会では、石原伸晃前環境大臣が交付金のうち850億円を大熊、双葉両町に直接交付すると説明しました。  翌27日には町区長会に対しても、環境省担当者が説明しました。

このページの先頭へ