ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 要望活動など > 復興副大臣が仮設住宅を視察しました

復興副大臣が仮設住宅を視察しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月15日

橘慶一郎、長沢広明の両復興副大臣は9月20日、会津若松市の扇町一号公園仮設住宅を視察しました。

2人は集会所で住民と意見交換を行いました。住民からは帰還困難区域の除染を進めるよう求める声が上がったほか、短期間で大臣が何人も替わることに対する苦言も呈されました。

2人はこの後、町役場会津若松出張所を訪れました。渡辺町長は免税措置の対象となっている肉用牛の賠償を免税措置とするよう、2人に要望しました。

住民と意見交換する様子

このページの先頭へ