ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 復興の計画 > 特定復興再生拠点区域復興再生計画を県に提出しました

特定復興再生拠点区域復興再生計画を県に提出しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月12日

大熊町は10月12日、「特定復興再生拠点区域復興再生計画」を県に提出しました。

この計画は、改正福島復興再生特別措置法に基づき、帰還困難区域内の一定区域で除染とインフラ復旧を一体的に進め、おおむね5年後までの避難指示解除を目指すものです。

今後、県と内容を協議の上、国に認定申請します。認定されたのち、計画を進めたいと考えています。

特定復興再生拠点区域復興再生計画(案)の概要

特定復興再生拠点区域復興再生計画(案)の概要図

特定復興再生拠点区域復興再生計画(案)の概要[PDFファイル/3.22MB]

帰還困難区域における中長期復興構想(案)

帰還困難区域における中長期復興構想(案)の概要図

帰還困難区域における中長期復興構想(案)[PDFファイル/2MB]

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ