ページの先頭です。
ホーム > るるる おおくま。 > 大熊町ゼロカーボンビジョンを策定しました

大熊町ゼロカーボンビジョンを策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月18日

大熊町は、2020年2月に行った「大熊2050ゼロカーボン宣言」を具体化していくため、2021年2月、「ゼロカーボンビジョン」を策定しました。

大熊町ゼロカーボンビジョン(令和3年2月策定)

このビジョンは、ゼロカーボンの実現を通じて、町の復興を力強く進めていく指針、町の政策の軸として育てるという思いを込めて、策定しました。
ビジョンを手渡す中田委員長
大熊町ゼロカーボンビジョン(概要版) [PDFファイル/1.46MB]
大熊町ゼロカーボンビジョン(本体) [PDFファイル/9.59MB]
大熊町ゼロカーボンビジョン(資料編) [PDFファイル/2.24MB]
※第4回有識者会議で出された修正は今後反映される予定です

われわれは、原発事故によって大きな影響を受け、かつての町は大きく損なわれました。もし地球温暖化がこのまま進行し、取り返しのつかない状態になれば、われわれと同じように、ふるさとを失う人々が出てきたり、自然の恵みやその中で育まれた生活が大きく損なわれる可能性があります。

この無念の思いがある大熊だからこそ、問題を先送りせず、未来のためにいま、ゼロカーボンに取り組み、ふるさとを次世代に繋いでいきます。

ゼロカーボンビジョン策定有識者会議

ビジョンの策定に当たっては、温暖化対策などの有識者からご意見をいただき検討を進めました。
有識者会議概要 [PDFファイル/700KB]

第1回(令和2年11月)
https://www.town.okuma.fukushima.jp/site/zerocarbon/16295.html
第2回(令和2年12月)
https://www.town.okuma.fukushima.jp/site/zerocarbon/16296.html
第3回(令和3年1月)
https://www.town.okuma.fukushima.jp/site/zerocarbon/16298.html
第4回(令和3年2月)
https://www.town.okuma.fukushima.jp/site/zerocarbon/list47-161.html

今後の取り組み

今後、ビジョン実現に向けて、具体的な事業の推進に取り組みます。
そのためには、何より担い手の力が不可欠であり、再エネの新規開発、ゼロカーボンに適合した住環境整備、蓄電池など脱炭素関連の技術開発、新電力会社の社員など、ともに事業を行うパートナーを広く募集しています。町民のみなさまをはじめとして、企業、学生、技術者、老若男女問わず、ぜひ、気軽に担当課までお問合せをいただければ幸いです。よろしくお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ