ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 町の案内 > まちの話題 > 第2期17戸で入居開始


第2期17戸で入居開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日

大川原第2災害公営住宅

町が大川原地区に整備を進めていた大川原第2災害公営住宅が完成し、5月1日から入居が始まりました。

2LDK 20戸、3LDK 22戸の計42戸のうち、17戸で入居者が決まり、各戸で引っ越しが行われました。

住宅エリアの中は、歩行者専用の小道やベンチ、東屋などが配置され、住民同士の交流が生まれやすいように配慮されています。

入居者が決まっていない住宅については、募集を行います。詳しくは、「第2期大熊町災害公営住宅の入居者を募集します」を確認してください。

入居が始まった大川原第2災害公営住宅

入居が始まった大川原第2災害公営住宅

第1期住宅と小川を挟んで立地する第2期住宅(左側)

第1期住宅と小川を挟んで立地する第2期住宅(左側)

このページの先頭へ