ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 震災関連 > 放射線・除染 > 除染 > 令和3年度 大熊町除染検証委員会


令和3年度 大熊町除染検証委員会

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月28日

大熊町除染検証委員会(特定復興再生拠点)中間報告を提出しました

大熊町は、町内の除染の状況や効果を検証する第三者機関として、大熊町除染検証委員会を設置しています。検証委員会では、特定復興再生拠点を対象として、昨年度以降、委員会を5回開催し、委員による大熊町町内の現地視察、そして事務局等からの個別説明等を通じて、大熊町の状況を検証してきたところです。

河津委員長から中間報告を受ける吉田町長

このたび、この5回の委員会を通じて取りまとめられた中間報告が、令和3年10月25日に同委員会の河津委員長から吉田町長へ提出されました。町は、委員会から提出された中間報告を踏まえて、今後の立入規制緩和や準備宿泊について検討を進めていくこととしています。なお、今後も検証委員会を開催し、令和4年春頃の特定復興再生拠点の避難指示解除へ向けた検証を行い、最終的な報告を取りまとめる予定です。

大熊町特定復興再生拠点の除染検証結果および準備宿泊について(中間報告) [PDFファイル/97KB]

第5回大熊町除染検証委員会を開催しました

2021年10月20日に大熊町役場において第5回大熊町除染検証委員会を開催しました。

今回の委員会では、前回の指摘があったモニタリング、高線量地域の除染に対し説明を受け検証を行いました。

その結果、検証委員会として立入規制緩和、準備宿泊については、「物理的減衰やウェザリング効果等による低減もあり、住民が帰還準備のための準備宿泊に伴う放射線被ばくリスクについては十分に低減していると判断した。(中間報告書抜粋)」こととなりました。

今回の判断を受け、町としましては、国、継続的な除染や放射線対策を行い、線量をできる限り下げ、将来的に年間被ばく線量1ミリシーベルト以下になるように、国と協議をして参ります。

次回は、避難指示解除に向けて、全体的な除染効果について、検証を行う予定です。

第5回大熊町除染検証委員会 議事要旨 [PDFファイル/254KB]

第5回大熊町除染検証委員会 会議資料 [PDFファイル/3.25MB]

第4回大熊町除染検証委員会を開催しました

2021年10月4日に大熊町役場において第4回大熊町除染検証委員会を開催しました。

今回の委員会では、前回に引き続き、特定復興再生拠点の除染状況の説明、高線量地域、線拠点の除染について報告を受け、検証を行いました。

また、立入規制緩和、準備宿泊についても議論しましたが、モニタリング測定結果や高線量地域の除染について不十分なところがあることから、現状では、立入規制緩和、準備宿泊について、委員会として検証できないという結果となりました。

次回は、今回委員会より指摘が、あった内容について、再度検証を行い、立入緩和規制、準備宿泊について議論を行う予定です。

第4回大熊町除染検証委員会 議事要旨 [PDFファイル/287KB]

第4回大熊町除染検証委員会 会議資料 [PDFファイル/12.38MB]

第3回大熊町除染検証委員会を開催しました

2021年8月10日に大熊町役場において第3回大熊町除染検証委員会を開催しました。

今回の委員会では、大野地区、西大和久、熊町(特定復興再生拠点)の除染効果および高線量地域の除染方法について報告を受け検証を行いました。

次回は、引き続き特定復興再生拠点の除染状況に合わせて、高線量地域の除染、線拠点(道路等)の除染について、検証し、立入規制緩和および準備宿泊についても議論を行う予定です。

第3回大熊町除染検証委員会 議事要旨 [PDFファイル/293KB]

第3回大熊町除染検証委員会 会議資料 [PDFファイル/12.48MB]


第1回、第2回の委員会は、令和2年度大熊町除染検証委員会をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ