ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 国民健康保険税 > 国民健康保険税の納税通知書を送付します
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険税の納税通知書を送付します


国民健康保険税の納税通知書を送付します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月28日

平成31年度国民健康保険税の納税通知書を、7月12日(金曜日)に発送します。今年度については、世帯主の方が原子力災害の被災者であれば全額減免になりますので納付の必要はありません。国民健康保険税納付書の代わりに減免通知書を同封しています。お手元に届きましたら課税額並びに減免額をご確認いただきますようお願いします。

なお、減免された国民健康保険税は、災害臨時特例補助金等の国庫負担金にて全額補てんされます。

国民健康保険とは

わたしたちが安心して医療を受けられるように、すべての人が医療保険に加入しなければなりません(国民皆保険制度)。職場の医療保険(健康保険組合、共済組合など)、後期高齢者医療保険に加入している人、生活保護を受けている人以外は、国民健康保険に加入します。

国民健康保険は、加入者のみなさんが国民健康保険税を出し合うことによって、病気やケガをしたときの医療費などをお互いに助け合う制度です。

平成30年度から国民健康保険制度が見直しされ、都道府県が市町村とともに国保を運営します。都道府県が医療給付費等の必要な費用の見込みを立て、市町村ごとの国保事業費納付金(保険税負担)の額を決定し、保険給付に必要な費用を全額、保険給付費等交付金として市町村に支払うようになりました。

国民健康保険税額の決定

国民健康保険税額は世帯単位で決定します。毎年7月中旬に、その年の4月から翌年3月までの間の国保税を、被保険者全員の人数と所得状況等により、世帯ごとに決定し通知します。決定に際しては、翌年3月まで継続して国民健康保険に加入いただくものとして算定します。

これまでは必要な医療費と被保険者数等に応じて国民健康保険税を計算しておりましたが、平成30年度からは都道府県から示された国保事業費納付金額と被保険者数等に応じて国民健康保険税を計算します。また、県の運営方針により町では資産割を廃止し、所得割額・均等割額および平等割額の3つとする3方式へ移行しました。

平成31年度大熊町国民健康保険税の税率

国民健康保険税の税率
  医療給付費分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
所得割 10.60% 3.51% 3.56%
資産割 計算なし 計算なし 計算なし
均等割 34,460円 11,170円 11,640円
平等割 28,050円 9,090円 6,420円
限度額 610,000円 190,000円 160,000円

あなたの世帯の国保税額=医療給付費分+後期高齢者支援金分+介護納付金分
※介護納付金は加入者の年齢が40歳~64歳までの方が納めます
※限度額を超えて課税されることはありません

国民健康保険税は世帯主が納めます

納税義務者は世帯主です。世帯主が国民健康保険加入者の場合だけでなく、職場の健康保険や後期高齢者医療制度の加入者であっても、世帯内に1人でも国民健康保険加入者がいれば、世帯主が国民健康保険税の納税義務者となります。(これを擬制世帯主といいます。)

参考として、国民健康保険税額の計算方法は次のとおりです。

例1

夫(45歳): 営業所得300万円
妻(43歳): 所得なし
子(18歳): 所得なし

課税標準所得額=営業所得300万円-基礎控除33万円=267万円

国民健康保険税額の計算方法 例1
  医療給付費分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
所得割 267万円×10.6%
=283,020円
267万円×3.51%
=93,717円
267万円×3.56%
=95,052円
資産割 計算なし 計算なし 計算なし
均等割 3人×34,460円
=103,380円
3人×11,170円
=33,510円
2人×11,640円
=23,280円
平等割 28,050円 9,090円 6,420円
合計 414,400円 136,300円 124,700

※100円未満切捨

年税額=医療給付費分+後期高齢者支援金分+介護納付金分
   =414,400円 +   136,300円 + 124,700円
   =675,400

例2

単身者(28歳): 営業所得250万円

課税標準所得額=営業所得250万円-基礎控除33万円=217万円

国民健康保険税額の計算方法 例2
  医療給付費分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
所得割 217万円×10.6%
=230,020円
217万円×3.51%
=76,167円
計算なし
資産割 計算なし 計算なし
均等割 1人×34,460円
=34,460円
1人×11,170円
=11,170円
平等割 28,050円 9,090円
合計 292,500円 96,400円 計算なし

※100円未満切捨

年税額=医療給付費分+後期高齢者支援金分
   =292,500円 +     96,400円
   =388,900円

このページの先頭へ