ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 震災関連 > 住宅支援 > 住宅再建 > 大熊町への帰還に伴う移転費用を助成します


大熊町への帰還に伴う移転費用を助成します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月10日

町では、町内のご自宅や公営住宅等へ移転する費用を助成する大熊町ふるさと帰還支援事業を実施します。

なお、町外にある再建した住宅や賃貸住宅への移転費用は対象になりません。

助成の対象となる移転先住宅は次のとおりです。

  • 東日本大震災発生時において現に居住していた住宅
  • 新たに町内で建設、購入した住宅
  • 町内にある賃貸住宅、公営住宅

補助金額

大熊町ふるさと帰還支援事業補助金額

移転元住宅の所在地

補助金額 ※括弧内は単身で移転する世帯

県外

200,000円(150,000円)

県内

150,000円(100,000円)

※補助金の交付は、移転元となる避難先住宅1戸に対し1回です。近接した避難先住宅に同一世帯が居住している場合は、1戸として扱います

補助対象者

東日本大震災発生時において大熊町に住民票を有し、福島県内外の避難先住宅から町内の自宅等へ移転が完了した世帯の代表者

※次のいずれかに該当している場合は、補助の対象外です

  1. 他の事業で移転費の補助を受けた世帯
  2. 応急仮設住宅等で不適正な入居が認められる世帯
  3. 町税等の滞納がある世帯

実施期間

2020年3月31日までに移動が完了する世帯が対象です

対象経費

移転費用

  • 引越し業者に支払った費用
  • 運搬のために利用した車両の燃料代・リース料
  • 運搬のために購入した消耗品費

その他諸費用

  • 移動にかかる交通費や燃料代
  • 家財の処分手数料
  • 電話の移転手続きにかかる費用

手続きの流れ

1.町内の住宅等への移転が完了

応急仮設住宅(借上げ住宅やその他みなし仮設住宅)から移転する方は、仮設住宅等使用終了届の提出が必要となります。

2.申請書を提出

2019年4月10日から申請を受け付けます。

提出する書類

3.補助金の交付決定

交付決定通知を申請者へお送りします。

4.補助金の振込み

申請した口座に補助金額をお振込みします。

注意事項

中屋敷および大川原地区で既に準備宿泊をされていた方は、準備宿泊開始日を移転完了日として申請できます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ