ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 子育て・教育 > 文化・スポーツ > 文化・文化財 > 社会教育複合施設に関する町民ワークショップを開催しました


社会教育複合施設に関する町民ワークショップを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月21日

  教育委員会は5月28日、町で計画中の社会教育複合施設整備に関するワークショップを開催しました。町内外の6人の方が参加し、同施設に置かれる予定の資料群を使って「自分なら施設でどのようなことをしたいか」を主なテーマに話し合いました。
 社会教育複合施設は、図書館、公民館、博物館、公文書館の機能を持つことを想定し、令和4年度中の構想策定を目指しています。利用者の潜在的なニーズを掘り起こし、計画に反映していくために今後もワークショップやヒアリングを開催する方針です。ぜひ、報告書をご覧いただき、関心がある方は今後のワークショップ等にご参加ください。

 

ワークショップで意見を出し合う参加者

ワークショップで意見を出し合う参加者

 

大熊町社会教育複合施設整備 第1回WS報告書 [PDFファイル/345KB]

 

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ