ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 震災関連 > 一時立入り・交通規制 > 大熊町民の一時立入り > 大川原、中屋敷地区の方、大熊町民外の方が帰還困難区域内にお墓参りするときは
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 地域・まちづくり > 埋葬・墓地 > 大川原、中屋敷地区の方、大熊町民外の方が帰還困難区域内にお墓参りするときは


大川原、中屋敷地区の方、大熊町民外の方が帰還困難区域内にお墓参りするときは

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月23日

大川原、中屋敷地区の方、大熊町民外の方が大熊町の帰還困難区域内の墓参をする場合、帰還困難区域内に居住していた親戚や知人の方に同乗して立入りをお願いしていますが、都合が合わない場合や親戚等が居ない場合は次の手続きにより立入り申請が可能です。

申請方法

次の書類を大熊町役場、会津若松出張所、いわき出張所、中通り連絡事務所へ提出してください。(郵送、または持参)
※郵送の場合は環境対策課までお願いします

  1. 帰還困難区域への一時立入りに関する申請書(墓参用) [Wordファイル/67KB]
    ※経路上に記載する地点は下記町内バリケードの有人管理ゲートを記載してください
    ※記入の仕方は、記入例 [PDFファイル/184KB]を参照してください
  2. お墓(埋葬者)との関係性が分かる書類(戸籍謄本、写真等の写し)

※初回申請の際は、「2」の添付が必ず必要です。次回の申請の際、内容に変更が無い場合は、初回申請の添付書類で確認できるため再提出は不要です

留意事項

  • 許可証は郵送にてお送りしますので、申請は立入り日の10日から1週間前までに提出してください
  • 立ち入りが可能な時間は、午前9時から午後4時までの間5時間が上限となります
  • 帰還困難区域の墓参については、1か月に1回で1日のみとなります。長期間での立入りや、1か月内に複数回立入りをする事はできません
  • 墓参目的以外での立入りが確認された場合、次回立入りの許可停止の措置がとられます
  • 必ず、身分証明証(同乗者含む)を携行してください
  • 帰還困難区域を退域する際には、退域箇所の最寄りの会場で必ずスクリーニングを受けてください
  • 立入りの際に使用する防護服、装備品、線量計については、立入る前に次のスクリーニング場にて受け取りください
スクリーニング場
箇所名 所在地 連絡先
毛萱・波倉スクリーニング場 富岡町大字毛萱字前川原232-16 0240-25-1466
高津戸スクリーニング場 富岡町大字上手岡字高津戸地内 080-6857-4114
加倉スクリーニング場 浪江町大字加倉字加倉前20-1,20-3 080-6846-5967
高瀬スクリーニング場 浪江町大字高瀬字小高瀬迫183 080-8014-0697
津島活性化センター 浪江町下津島字松木山22-1 080-8014-0721
中屋敷スクリーニング場 大熊町大字野上字小塚地内 080-6849-4045
大川原スクリーニング場 大熊町大字大川原字西平591-1 090-2557-7511

町内のバリケードについて

有人管理ゲートでは通行証と身分証明証の提示が必要となります。ゲートでの確認にご協力をお願いします。

バリケード設置図 [PDFファイル/1.03MB]
大熊町内バリケード位置図

中継基地およびゲートの場所

中継基地の場所の資料画像

中継基地の場所 [PDFファイル/439KB]

※立ち入りの際は、一時立入り前と立入り後に必ず立寄るようお願いします

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ