ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 震災関連 > 生活支援 > 生活支援制度 > 次世代避難者支援補助金


次世代避難者支援補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月30日

次世代避難者支援補助金の申請書を郵送しました(2021年7月30日更新)

東日本大震災以降(平成23年3月12日)に生まれたお子さん・婚姻により転入された方に対し、次世代避難者支援補助金を交付しています。対象者へは7月14日に申請書を郵送しました。

次世代避難者支援補助金の申請はお済みですか(2021年3月15日更新)

東日本大震災以降に生まれたお子さんと、婚姻により転入された方に対して、次世代避難者支援補助金の申請書を昨年6月15日に郵送しました。申請がお済みでない方は必要事項を記入後、必要書類(通帳見開きページの写し、戸籍謄本)を添えて同封の返信用封筒で住民課へ申請してください。

なお、申請書を提出されても役場からの交付決定通知が届かない方や、申請書への記入方法など、ご不明な点はお問い合わせください。

次世代避難者支援補助金の申請書を送付しました(2020年7月1日更新)

町は、東日本大震災以降(2011年3月12日)に生まれたお子さん、結婚により大熊町に転入された方に対し、次世代避難者支援補助金を交付しています。対象となる方に6月15日(月曜日)、申請書を郵送しました。申請はお早めにお願いします。

実施期間

2025(令和7)年度まで
※年度ごとに申請が必要です

補助金額

各年度5万円

対象者

基準日(令和3年4月1日)に大熊町に住民登録があり、次のいずれかに該当する方。

  • 平成23年3月12日以降に生まれたお子さん
    (出生後転入者は対象外)
  • 平成23年3月12日以降に結婚し大熊町に転入された方
    (夫婦どちらかが初婚で、配偶者は大熊町サポート補助金の対象者)

※大熊町・双葉町生活サポート補助金の対象者は該当しません

申請者

  • 婚姻転入者は補助金対象者本人です
  • 補助金対象者が出生者の場合は保護者が申請者です

※申請者本人の口座に振り込みます

申請方法

対象者の方に対し申請書類を送付しました。

申請書に必要事項を記入押印後、昨年度の口座を変更される方、今年初めて申請される方は通帳見開頁の写しを、婚姻転入者で今年初めて申請される方は戸籍謄本を添えて同封の返信用封筒で住民課へ提出してください。

申請期限

令和4年3月31日(木曜日)まで
※お早めに申請してください

振込日

申請書等に不備がなければ、申請書が役場に届いた翌月に振り込みます。

このページの先頭へ