ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナワクチンの予防接種証明書を交付します


新型コロナワクチンの予防接種証明書を交付します

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月17日

海外用に加えて、日本国内用の予防接種証明書の交付が可能となりました。

現在発行されている「接種を証明する書類」は次のとおりです。いずれも国内での証明書類として有効であり、すでにいずれかの書類をお持ちの方は、改めて別の書類を取得する必要はありません。

接種を証明する書類

接種を証明する書類
種類 内容 取得方法
1 予防接種済証
(臨時)
1・2回目の接種券の右側部分。ワクチンのロット番号シール貼付けあり。3回目の接種券にも新たに同封される。 接種を受けた際に渡されます
※「1」を紛失された方や「2」をお持ちの方で希望される方には、町が再発行します。
2 接種記録書 医療従事者や職域接種を受けた方などで、1・2回目の接種を接種券が届く前に受けた方用の証明書類。ワクチンのロット番号シール貼付けあり。
3 予防接種証明書
(日本国内用)
または(海外用)
国の接種記録システムから新たに発行可能となった証明書類。QRコードの印字あり。 申請により交付(窓口または郵送)電話受付は不可。
アプリ 電子版。申請にはマイナンバーカードと券面入力補助用暗証番号(カード受取時に設定した4桁の数字)が必要。 申請により交付(アプリからの電子申請のみ)
接種証明書アプリ<外部リンク>
※詳しくは今回の広報紙に同封したチラシをご覧ください。

※接種履歴が確認できない場合は、発行まで時間がかかる場合があります。

申請できる方

接種日当日に大熊町に住民登録がある方
(接種後に転入された方は、接種日時点で住民票があった自治体に申請する必要があります)

交付手数料

当面の間は無料

申請方法

窓口か郵送のいずれかの方法により申請してください。窓口の場合は、大熊町役場保健福祉課またはいわき出張所・会津若松出張所・中通り連絡事務所で手続きができます。

※窓口での交付には時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。窓口で申請後、お急ぎ等の理由により郵送での交付を希望された場合は、郵送での交付として取り扱いますので、恐れ入りますが返信用の切手(84円分)をご用意ください。

※本人以外の方が窓口へお越しになる場合は、委任状の提出と、窓口にお越しになる方の本人確認書類(運転免許証、保険証など)が必要になります。

「3」の紙の接種証明書を申請する際に必要なもの

(1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書 [PDFファイル/55KB] [Excelファイル/21KB]
(2)旅券(パスポート)の写し(海外用のみ)
(3)本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)の写し(日本国内用のみ)
(4)「1」接種済証または「2」接種記録書の写し(接種履歴確認のため。紛失の場合は不要)

上記のほか、場合によって必要な書類

(5)旧姓等が確認できる本人確認書類(旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合のみ)
旧姓併記された運転免許証、戸籍、住民票などの写し
(6)委任状 [PDFファイル/74KB] [Wordファイル/16KB](本人以外が代理で申請する場合のみ)
※代理で申請する方の本人確認書類も必要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ