ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 65歳以上の方の新型コロナワクチン接種に関するお知らせです


65歳以上の方の新型コロナワクチン接種に関するお知らせです

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月15日

大熊町は、国で示している接種優先順位に沿って次のとおりワクチン接種を実施します。町内にお住まいの方は町内で、町外に避難されている方は避難先の市区町村でワクチンを接種できます。

【更新】9月1日現在、新型コロナワクチン接種の予約を、随時、受け付けています。

※新型コロナウイルスワクチン接種については、「新型コロナウイルスワクチン接種についてお知らせします」も合わせてご確認ください

大熊町新型コロナワクチン接種コールセンター(お申し込み先・電話相談窓口)

これから接種を受ける方へ

  •  現在、何かの病気で治療中の方や、体調に不安がある方で接種をご希望される方は、かかりつけ医での接種をおすすめします
  • 避難先自治体により受けられる時期が異なります。ご自身の接種時期がくるまでクーポン券は大切に保管してください
  • 町外に避難されている方につきましては、ワクチンの供給量は避難先においても十分に確保されますので、焦らずに避難先の情報を確認の上、なるべく避難先での接種にご協力ください

65歳以上の方のワクチン接種の予約を始めます(第2巡目)

町内接種の予約方法

(1)コールセンターに電話で予約する

予約受付開始日

7月26日(月曜日)午前9時から

接種会場

大熊町住民福祉センター(大川原字南平1920-1)

お申し込み先・電話相談窓口

大熊町新型コロナワクチン接種コールセンター
電話番号:0120-205-808

受付時間:午前9時~午後5時(土曜日・日曜日・祝日は除く)

当日の持ち物
  • クーポン券(接種券+接種済証。切り離さず、台紙ごと会場にお持ちください)
    ※クーポン券は、2回分が1枚になっています。2回分の接種が完了するまで大切に保管してください
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)
  • 予診票(必ず事前に記入してから会場へお持ちください)
  • 住所地外接種届出済証(町外で接種する方は、必ず持参してください)
注意事項
  • 必ず予約した時間にお越しください
  • 当日はクーポン券、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を忘れると接種ができません
  • 上腕部に注射をしますので、肩を出しやすい服装で会場にお越しください
  • 接種当日体調が悪い場合は接種ができません。
    当日キャンセルの場合は、保健福祉課 保健衛生係(電話番号:0240-23-7419)までご連絡ください

(2)接種日を決める

定員:予約枠1日あたり102人

接種日程表
予約枠 1回目接種日 2回目接種日
1 8月17日(火曜日) 9月7日(火曜日)
2 8月24日(火曜日) 9月14日(火曜日)

※1回目の接種後、3週間の間隔で2回目の接種を受けるため、予約枠ごとに接種日が決まっています

(3)接種時間を決める

定員:15分ごとに10人程度
※2回とも同じ接種時間となります

接種時間表
午前 午後
午前10時30分から 午後1時30分から
午前10時45分から 午後1時45分から
午前11時から 午後2時から
午前11時15分から 午後2時15分から
午前11時30分から 午後2時30分から

町外で接種を受ける方へ

必要書類に同封されている「住所地外接種届出済証」を持参することで避難先の市区町村で接種ができます。接種会場や予約方法については、避難先市区町村の広報紙や公式ホームページ、コールセンターなどでご確認ください。

今後のワクチン接種について

今回の予約枠以降のワクチン接種については、ワクチンの供給状況等により今後のスケジュールを決定します。決まり次第、広報紙・町公式サイトでお知らせします。

65歳以上の方のワクチン接種の概要

接種時期

全国的に接種開始。詳しくは、接種を受ける自治体の情報をよくご確認ください。

接種回数

1人につき2回。2回目の接種は1回目の接種から3週間後。(ファイザー社製ワクチン)

接種費用

全額公費のため無料(ワクチン接種をかたる不審な電話やメール、訪問販売などにご注意ください)

対象者・接種方法

2021(令和3)年度中に65歳以上になる方(1957(昭和32)年4月1日以前に生まれた方)に、4月1日、町から個人ごとにクーポン券(接種券)などの必要書類をお送りしました。

新型コロナワクチン接種Q&A

Q1.新型コロナウイルスワクチン接種は、必ず受けなければいけませんか
A1.国民の皆さんが受けられるよう国が勧めていますが、強制ではありません。
接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われますので、ワクチン接種による感染症予防の効果と副反応のリスクを考慮した上で、接種を受けるかどうかご判断ください。
なお、基礎疾患がある方は、接種についてかかりつけ医にご相談ください

Q2.接種券はどこに送付されますか
A2.町からの郵便物の送付先として届出されている住所へ、世帯ごとではなく個人宛に送付します。
送付先が家族等の住所になっている場合は、本人へ確実にお渡しください

Q3.長期入院や施設に入所している場合は、どこで接種を受けられますか
A3.入院・入所中の病院・施設等でも接種できる場合がありますので、病院・施設にお問い合わせください

Q4.避難先の市区町村とは別の市区町村で接種を受けたい場合は
A4.「住所地外接種届出済証」に記載の住所と異なる市区町村で接種を受けたい場合は、新たに申請が 必要になりますので、詳細についてはコールセンターにお問い合わせください
(ただし、基礎疾患があり、かかりつけ医が必要と認めた場合は手続き不要です)

Q5.大熊町に住民票がなく、単身赴任で町内に居住していますが、町内で接種を受けられますか
A5.原則は、住民票のある市区町村での接種ですが、やむを得ない事情により町内での接種を希望する場合は、大熊町へ「住所地外接種届出済証」の申請が必要です。コールセンターにご相談ください

ワクチンに関する情報

ワクチンに関する詳しい情報は次のサイトをご確認ください。

このページの先頭へ