ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 保健衛生 > フィットネスクラブ施設等利用料を助成します


フィットネスクラブ施設等利用料を助成します

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月31日

あなたのお近くの民間運動施設(フィットネスクラブやスポーツジム等)の利用料を助成します。今年6月からの新規事業です。この機会に運動習慣を身につけてみませんか。

民間運動施設の利用開始前に、保健福祉課または各出張所への申し込みが必要です。

対象

20歳~74歳の大熊町民で、医師から運動制限の指示を受けていない方。避難先の県内外を問わず、これから新たに民間運動施設の利用を始める方。

内容

入会金を除く、新規入会日から3か月分の月会費のうち9割を、上限2万円まで助成します。

利用の流れと必要書類

必ず事前にお申し込みください。
郵送での手続きも可能ですので、保健福祉課または各出張所へご連絡ください。

(1)参加登録

はじめに本庁・各出張所で利用開始申請書を記入し、利用したい民間運動施設を決定します。
簡単なアンケートにご協力お願いします。

(2)利用開始

町から利用承認通知書が届いたら、決定した民間運動施設の利用を始めます。
好きな時間、都合の良い曜日に、施設を利用して楽しく運動を体験してください。

(3)書類提出

民間運動施設を3か月以上利用した後に、必要書類を保健福祉課・各出張所へ提出します。
アンケート回答後、運動の効果を振り返ります。

必要書類

  • 運動施設利用個人負担金助成申請書
  • 健診結果の写し
    (血圧、中性脂肪、コレステロール、血糖を含む一般的な検査結果)
  • 施設の新規入会日がわかる書類の写し
    (会員証や入会書、施設から発行されなければ町の様式を利用)
  • 領収書の原本
    (毎回支払う施設の場合、利用を開始してから3か月間の領収書の原本)
  • 本人確認書類
    (運転免許証など)

(4)利用料助成

審査のうえ助成が決まり次第、指定の口座に助成金を振り込みます。

注意事項

  • 入会日が6月以降である場合が助成の対象です
  • 3か月以上継続利用しない場合は助成できません
    例)6月・7月・9月の利用や6月・7月のみの利用のように3か月続けていない場合は対象外となります
  • 施設により無料期間等がある場合も、その月を含めて入会日から3か月が助成対象期間となります
    例) 利用開始時の6月が月会費無料キャンペーンなどの場合、実質月会費を支払った7月・8月の2か月間が助成対象期間となります
このページの先頭へ