ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 子育て・健康・福祉 > 子育て・教育 > 乳幼児・小児医療 > 子どもの医療費の助成を受けるとき


子どもの医療費の助成を受けるとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月25日

乳幼児医療費助成について

乳幼児医療費助成は、0歳から就学前(満6歳になったあとの最初の3月31日まで)の乳幼児の保険適用内分の医療費を助成する制度です。

受診時に窓口で、保険証と一緒に乳幼児医療費受給資格証を提出してください。受診後に窓口でお支払いをした場合は、その額をお返し(還付)するしくみとなっています。

還付の手続きについては、【乳幼児医療費助成】を参照してください。申請時に領収書が必要になりますので、保管しておいてください。

子ども医療費助成について

満6歳になった最初の4月1日から18歳到達後の最初の3月31日までの子どもの医療費のうち、保険適用内分の医療費を助成する制度です。

受診時に窓口で、保険証と一緒に子ども医療費受給資格証を提出してください。受診後に窓口でお支払いをした場合はその額をお返し(還付)するしくみとなっています。

還付の手続きについては、【子ども医療費助成】を参照してください。申請時に領収書が必要になりますので、保管しておいてください。

ひとり親医療費助成について

ひとり親家庭の父母に対して、保険適用内分の医療費を助成する制度です。

児童が学校や教育施設等に在籍している場合は18歳到達後の最初の3月31日まで、学校等に在籍していない場合は18歳になった日からその日の属する月の末日までの間、受給できます。

受診後に支払った額をお返しする(還付)しくみとなっています。申請時に領収書が必要になりますので、保管しておいてください。

詳しい受給資格や還付の手続きについては、【ひとり親医療費助成】を参照してください。

このページの先頭へ