ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > インフルエンザ予防接種の費用を助成します
ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > ライフイベントから探す > 高齢・介護 > インフルエンザ予防接種の費用を助成します
ホーム > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て > 予防接種 > インフルエンザ予防接種の費用を助成します


インフルエンザ予防接種の費用を助成します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月1日

町は、インフルエンザが重症化する恐れのある高齢者と子どもの予防接種費用を助成します。体調の良いとき、期間内に接種しましょう。

厚生労働省より季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い

厚生労働省は、より必要とされている方が確実に摂取できるように、ワクチン接種時期への協力を呼びかけています。なお、希望する方の接種を妨げるものではありません。

厚生労働省「季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い」<外部リンク>

接種時期と対象者について(目安)

10月1日(木曜日)~

  • 65 歳以上の方(定期接種対象者)
  • 65歳以上の方のほか、60歳から65歳未満の慢性高度心・腎・呼吸器機能不全者等

上記以外の方は、10月26日(月曜日)まで接種をお待ちください。65歳以上の方の接種ができるようご協力をお願いします。

10月26日(月曜日)~

  • 医療従事者
  • 基礎疾患を有する方
  • 妊婦
  • 生後6か月~小学校2年生

上記以外の方も接種できます。

皆さまへのお願い

  • 感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いの徹底もお願いします
  • 接種に当たっては、あらかじめ医療機関にお電話での予約をお願いします
  • インフルエンザワクチンは重症化予防などの効果がある一方で、発病を必ず防ぐわけではなく、接種時の体調などによって副反応が生じる場合があります。医師と相談の上、接種いただくとともに、接種後に体調に異変が生じた場合は医療機関にご相談いただくようお願いします
  • お示しした日程はあくまで目安であり、前後があっても接種を妨げるものではありません

 

インフルエンザ予防接種の費用助成

高齢者

高齢者は原則、接種費用の自己負担がありません。

対象

  • 接種日に年齢が65歳以上の希望者
  • 60歳以上65歳未満で心臓やじん臓・呼吸器に重い病気のある方の希望者、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に障がいがある方の希望者

接種対象期間

10月1日(木曜日)~ 12月31日(木曜日)

助成回数

1回

接種場所

各医療機関(必ず予約のうえ接種してください)

接種方法

県内
  • 医療機関に直接予約し、お送りした予診票を持参して接種してください
    (医療機関によって開始時期が異なりますので、電話等でご確認のうえ接種してください)
県外
  • 避難先市区町村の予防接種担当課に連絡して、手続きをしてください
  • 自己負担が発生した場合は、接種料金を還付します。その場合は、助成申請書、領収書(原本)、予診票(コピー)の3点を提出してください。助成の申請手続きは接種終了後、1か月以内に行ってください
申請書ダウンロード

小児

接種時に自己負担した接種費用を、後日還付します。

対象

生後6か月~中学3年生

接種対象期間

10月1日(木曜日)~2021年1月31日(日曜日)

助成回数

6か月~ 13歳未満

2回(2回分まとめて申請してください)

13歳以上~中学3年生

1回

接種場所

各医療機関(必ず予約のうえ接種してください)

持参物

母子(親子)健康手帳、保険証、診察券
※予診票は医療機関の予診票をお使いください

申請方法

  • 助成申請書は保健福祉課、各出張所・連絡事務所に備えつけてあります(ホームページからダウンロードすることもできます)
  • 予防接種費用を一度自己負担し、助成申請書、領収書(原本)、予診票(コピー)または母子健康手帳のコピー(接種日が記載されている部分)の3点を提出してください
申請書ダウンロード

申請期限

助成の申請手続きは、接種終了後すみやかに行ってください。

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader(アドビ・アクロバット・リーダー)が必要です。お持ちでない方は、次のリンク先から無料でダウンロードとインストールができます。

アドビ・アクロバット・リーダーのダウンロードページヘのリンク)<外部リンク>

このページの先頭へ