ページの先頭です。
大熊町復興通信 > 復興への取り組み > 復興への動き > 復興公営住宅にかかる先行展示施設について

復興公営住宅にかかる先行展示施設について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月26日

福島県は、避難されている住民の方に復興公営住宅と同様の間取りをご覧いただくための施設として、先行展示施設を郡山市麓山地区といわき市小名浜地区に整備することとしました。

先行展示施設では両地区に3LDK1戸分と2LDK1戸分の内部を再現し、具体的な入居イメージを体験していただくことにより、入居への判断材料としていただくとともに、安心して生活できる将来のイメージを描いていただくことを目的としています。

今後も、町では福島県に対して復興公営住宅の早期整備を求めるとともに、整備状況等について本サイト等により町民の皆さまに随時お知らせいたします。

先行展示施設イメージのイラスト
【先行展示施設イメージ】

お問い合わせ

福島県 避難地域復興局 生活拠点課
電話番号:024-521-8617

このページの先頭へ