○大熊町有害鳥獣被害防止対策補助事業運用規程

平成20年5月16日

規程第2号

(目的)

第1条 イノシシによる農作物等への被害が増加し、地域農業者の経済的・精神的負担が増大していることから、被害防止のため有効対策が急務となっている。このため、被害防止対策として、田畑、樹園地等農地において、電気柵・網等を設置するための助成措置を講ずることにより、農業経営の安定と農作物の生産振興を図ることを目的とする。

(交付の対象者)

第2条 交付の対象者は、大熊町に住所を有する農業者とする。

(交付の対象地区)

第3条 イノシシの被害が現に発生しているところ。又は、そのおそれがある地区で田畑、樹園地等の農地面積が10アール以上の場合とする。

(事業の内容)

第4条 イノシシによる農作物等への被害防止をするため、電気柵・網等の施設整備に対して助成する。ただし、電牧を広げたことで、電圧が足りなくなり、電圧機、バッテリーを買う場合も助成の対象とする。

(助成措置)

第5条 町は予算の範囲内において、本事業の実施に要する経費(設備一式に限る)について、その2分の1以内を補助する。ただし、25,000円を上限とし、1回限りの助成とする。

この規程は、公布の日から施行し、平成20年4月1日より適用する。

大熊町有害鳥獣被害防止対策補助事業運用規程

平成20年5月16日 規程第2号

(平成20年5月16日施行)

体系情報
第8編 業/第1章 林/第4節
沿革情報
平成20年5月16日 規程第2号