ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 町の案内 > 町の紹介 > 大熊町のマスコットキャラクター


大熊町のマスコットキャラクター

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日

大熊町の公式マスコットキャラクター「おおちゃんくうちゃん」、「まあちゃん」、「おおちゃん小法師」を紹介します。

また、キャラクターのデザインは無料で使用できますが、申請が必要です。使用に関する要綱や申請書は、「デザインを使用するとき」をご覧ください。

おおちゃんくうちゃん

平成元年頃、町の誘導案内板に描かれたことがきっかけでシンボルとして定着した熊の親子です。

おおちゃんくうちゃんイラスト

性格
仲良しでいつも一緒。町の特産品が大好きで、鮭やフルーツを抱え、震災前はPRに力を入れていました。

好きな食べ物
鮭、梨、キウイ

チャームポイント
活きのいい鮭を片手で抱えるたくましいおおちゃん、カゴからあふれるほどのフルーツを笑顔で抱える無邪気なくうちゃん。

 

まあちゃん

震災の少し前、主に商工観光のPRを目的に、先輩であるおおちゃんくうちゃんのデザインを少し今風に丸くした熊の赤ちゃんが誕生しました。

まあちゃんイラスト

性格
甘えん坊。感情豊かで表情に出るのでとても分かりやすい。震災後は、避難で離れ離れになった町民の絆維持に奔走中。

チャームポイント
真っ白なお腹の毛。

 

おおちゃん小法師

震災後、二次避難先となった会津地方の伝統工芸品「起き上がり小法師」と、町のキャラクターおおちゃんが融合して誕生。匠の技を持つ大熊町こぼし会の絵付けにより命を吹き込まれた多くの小法師たちが全国に散らばり、人々に優しく微笑みかけています。

おおちゃん小法師イラスト

性格
いつでも笑顔、最後まであきらめずに起き上がる。

特技
何度でも起き上がる

チャームポイント
ちゃんと描かれている耳

 

デザインを使用するとき

キャラクターデザインの使用を希望される際は、総務課に申請の上、取扱要綱とガイドラインにそった使用をお願いします。手続きの詳細については、大熊町役場総務課 秘書広聴係へお問い合わせください。

取扱要綱とガイドライン

使用許諾申請書

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ