ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 選挙 > 選挙結果 > 福島県知事選挙の投票方法についてお知らせします


福島県知事選挙の投票方法についてお知らせします

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月1日

福島県知事選挙の投票日は10月28日(日曜日)、告示日は10月11日(木曜日)です

町選挙管理委員会から投票方法についてお知らせします。なお「選挙のお知らせ」と「不在者投票用紙請求書」を9月下旬に郵送する予定です。

期日前投票

大熊町が設置する投票所で投票日前(期日前投票期間)に投票できます。

期間

10月12日(金曜日)~10月27日(土曜日)

必要なもの

投票所入場券
※入場券が届かない場合や紛失した場合でも投票できますので、直接投票所へお越しください

不在者投票

県内外の避難先(滞在地)の市区町村選挙管理委員会で投票できます。避難先の市区町村から大熊町に投票済みの投票用紙を郵送するため、早めに投票してください。

期間

10月12日(金曜日)~10月27日(土曜日)

時間

県内

午前8時30分~午後8時(土曜日・日曜日も可)

県外

  • 避難先の市区町村で選挙が行われている場合
    平日休日問わず午前8時30分~午後8時
  • 避難先の市区町村で選挙が行われていない場合
    通常、平日午前8時30分~午後5時

場所

避難先の市区町村選挙管理委員会

手続きの流れ

  1. 投票用紙等を請求する
    9月下旬にお届けする選挙のお知らせに同封されている「不在者投票請求書・宣誓書」に必要事項を記入してご返送ください(メールやFAX不可)
  2. 投票用紙等を受け取る
    郵送されてきた透明の封筒(投票用紙、投票用封筒、不在者投票証明書)を受け取ってください
    ※透明の封筒を開封してしまうと投票ができなくなりますので、ご注意ください
  3. 避難先(滞在地)の市区町村で投票する
    受け取った封筒を避難先(滞在地)の市区町村選挙管理委員会に持参して投票してください

郵便等による不在者投票

身体の障がい等により歩行が困難な方のために在宅のまま投票ができる制度です。次の項目に該当する方が対象となりますが、事前に「郵便投票証明書」等の交付が必要ですので、お早めにお申し込みください。

郵便による不在者投票ができる方

身体障害者福祉法第4条に規定する身体障害者、戦傷病者特別援護法第2条第1項に規定する戦傷病者または介護保険法第7条第3項に規定する要介護者で次に掲げる方

  1. 身体障害者福祉法第4条に規定する身体障害者の方のうち、身体障害者手帳に両下肢・体幹・移動機能の障害にあっては1級または2級、心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障害にあっては1級または3級(2級はなし)、免疫・肝臓の障害にあっては1級から3級と記載されている方
  2. 戦傷病者特別援護法第2条第1項に規定する戦傷病者の方のうち、戦傷病者手帳に両下肢・体幹の障害にあっては恩給法別表第1号表の2の特別項症から第2項症まで、内臓の障害にあっては同表の特別項症から第3項症までの項症が記載されている方
  3. 介護保険法第7条第3項に規定する要介護者で、介護保険の被保険者証に要介護状態区分が要介護5と記載されている方

郵便等による不在者投票で代理記載制度を利用できる方

郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、自ら投票の記載をすることができない者として定められた次の1または2に該当する方は、あらかじめ市町村の選挙管理委員会の委員長に届け出た方(選挙権を有する者に限る)に投票に関する記載をさせることができます。

  1. 身体障害者福祉法上の身体障害者で、身体障害者手帳に上肢または視覚の障害の程度が1級である方として記載されている方
  2. 戦傷病者特別援護法上の戦傷病者で、戦傷病者手帳に上肢または視覚の障害の程度が特別項症から第2項症までである方として記載されている方
このページの先頭へ