ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > しごと・産業 > 産業・企業 > 農林水産業 > バイオマス活用事業実現可能性検討委員会を開催します
ホーム > 分類でさがす > 町政情報 > 施策・計画 > 部門別計画 > バイオマス活用事業実現可能性検討委員会を開催します


バイオマス活用事業実現可能性検討委員会を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月4日

【更新】第1回開催の議事要旨を公開しました。

大熊町では、東京電力福島第一原子力発電所事故により被災した農地や山林の活用法を模索するため、平成29年度にメタン発酵によるバイオマス活用事業実現可能性調査を行い、調査報告書を公表しています。

本年度はその内容に基づき、具体的な事業方針を検討するため、バイオマス活用や農業の専門家を交え、バイオマス活用事業実現可能性検討委員会を全6回の予定で開催します。

開催の日程

第1回

7月24日(火曜日) 午後1時15分開始

会議結果:第1回バイオマス活用事業実現可能性検討委員会 議事要旨 [PDFファイル/572KB]

第2回

8月28日(火曜日) 現地視察のため、非公開

第3回

9月25日(火曜日) 午後1時15分開始

第4回

10月25日(木曜日) 午後1時15分開始

第5回

11月20日(火曜日) 午後1時15分開始

第6回

12月18日(火曜日) 午後1時15分開始

開催場所

大熊町役場いわき出張所 2階多目的ホール

〒965-0873 福島県いわき市好間工業団地1-43

(第2回のみ現地視察となります)

傍聴について

バイオマス活用事業実現可能性検討委員会では、バイオマス活用事業に興味のある方の傍聴をお待ちしています。傍聴できるのは次の方となります。(2番の方のみ事前申請、1・3・4番の方は当日の申請となります)

  1. 大熊町の町民(震災以降の転出者も含みます)
  2. 大熊町工事等請負有資格業者名簿に登録されている事業者あるいは団体の職員等
  3. 地方自治体職員または国家公務員
  4. 教育機関または公的な研究機関等に所属する研究者等

注意事項

  • 2番に該当される方は、各回の7日前までに大熊町産業建設課にバイオマス活用事業実現可能性検討委員会傍聴申込書 [Excelファイル/15KB]でお申し込みください。第1回については7月17日(火曜日)が締め切りとなります。一度申し込みをされると、すべての回において出席可能となります
  • 1番の方は運転免許証や被災証明書など住所が分かるもの、3・4番の方は職員証等をお持ちください
  • 各企業、団体等からの傍聴者は、各回2名までに限らせていただきます
  • 第2回の傍聴はありません
  • 報道関係者については、別途お問い合わせください

傍聴の詳細については、バイオマス活用事業実現可能性検討委員会傍聴要領 [PDFファイル/102KB]をご参照ください。

傍聴受け付けは検討委員会開会の15分前(午後1時)までとなります。なお、傍聴席が埋まりましたら、時間前でも受け付けを締め切らせていただきます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ