ページの先頭です。
ホーム > 分類でさがす > 震災関連 > 一時立入り・交通規制 > 交通規制 > 町内2か所に有人ゲートを新設します
ホーム > 分類でさがす > 震災関連 > 一時立入り・交通規制 > 大熊町民の一時立入り > 町内2か所に有人ゲートを新設します


町内2か所に有人ゲートを新設します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月2日

町では町内のバリケード運用を一部見直し、これまで通り抜けできなかった町道西49号線の2か所のバリケードを、出入り可能な有人ゲートに変更します。一時立ち入りの際、通行許可証の確認を受ければ通行できます。

4月13日(金曜日)に運用を開始する予定です。各中継基地でもご案内させていただきます。ご理解、ご協力をお願いします。

出入り可能になる有人ゲート

1. 大野病院南ゲート(県立大野病院の南西)

北上して町道西20号線の交差点へ出ることができます。東へ進んで国道6号まで抜けられますが、スポーツセンター入口ゲートでの通行許可証確認は、引き続き必要です。

2. 翔陽高校ゲート(双葉翔陽高の西)

南下し、清水橋を通って大川原の県道35号線(山麓線)の交差点まで抜けることができます。ただし、双葉翔陽高付近の沿線道路や住宅の入り口には、引き続きバリケードが設置されています。

有人ゲートの位置図

新設する有人ゲート位置図

このページの先頭へ