確定申告

確定申告は、住民票がある地区の税務署で受け付けています。大熊町に住民票がある場合は、相馬税務署になりますが、避難先の最寄りの税務署でも手続きが可能となっています。

申告は窓口のほか、国税庁のサイトからインターネットで申告書の作成や申告ができます(e-tax)。

通常、確定申告の締め切りは3月15日(休日の場合は翌日)です。

確定申告をする必要がある方

給与所得者の場合、ほとんどの方は年末調整で所得税等が計算されるため、申告は不要です。

2か所以上から給与の支払いを受けていたり、不動産収入や配当等で給与以外の所得が20万円以上ある方、自営業の方などは、確定申告が必要です。

詳しくは国税庁のサイトで確認するか、最寄りの税務署にお問い合わせください。

原子力災害による賠償等について

東京電力(株)から、給与・事業・不動産・農業所得などの減収分の賠償を受けた方は、それらを収入として申告することが必要となります。

また、原子力発電所の事故による東京電力(株)の賠償対象となった住宅や家財などにかかる損失は、雑損控除として所得金額から差し引くことができます。

東京電力(株)より支払われた賠償金の課税について

賠償金の区分によって、課税区分が異なります。

賠償金の区分 課税区分 注意事項
土地・家屋・家財に対する財物賠償 非課税(申告不要) 雑損控除を計算する際、損害金額から差し引きます
農業用機械等の償却資産の賠償 非課税(申告不要) 平成25年の申告より、減価償却費を必要経費から外す必要があります
精神的・身体的賠償 非課税(申告不要)
避難費用等の実費負担分の賠償 非課税(申告不要)
給与等の就労不能損害一時所得 一時所得 東京電力(株)から発行された「お支払い明細書」をご用意ください
交通費増額分が含まれる場合、その分は非課税となります
農業の不耕作等に係る賠償農業収入 農業収入 農協から発行された「本払い支払明細書」をご用意ください
肉用牛の賠償は、親牛分は非課税、子牛分は課税となるため、内訳が記載された「農家別家畜資産台帳」などをご用意ください
営業等の逸失利益営業収入 営業収入 東京電力(株)から発行された「算定明細書」をご用意ください