妊娠届・母子健康手帳の交付

産婦人科の診断で妊娠がわかったら、速やかに「妊娠届」を提出し、「母子健康手帳」と「母と子の健康のしおり(妊婦健康診査受診票)」の交付を受けましょう。

妊娠届を提出する際は「妊婦本人の個人番号(マイナンバー)」の記入が必要になります。交付時には、1.個人番号の確認、2.本人確認を行います。

母子手帳は、妊婦中の経過や、出生後の子供の発育などを記録する大切なものです。大切に保管してください。

 

妊娠届を提出される方へ

確認書類とは

1. マイナンバーカード所持している場合:マイナンバーカードのみ
2. マイナンバーカードを所持していない場合:(1)(2)が必要です

(1) マイナンバーがわかる書類(通知カード、マイナンバー入り住民票)
(2) 本人確認書類([1]又は[2]が必要です)

[1] 免許証、住基カード(顔写真付き)、パスポート、身体障害者手帳等顔写真付きのものは1点
[2] 健康保険証、年金手帳、預金通帳、医療受給者証、社員証、学生証等顔写真がないものは2点
3. その他申請に必要なもの:申請者の印鑑
注意1: 妊娠届に出産予定日を記載する箇所がありますので、出産予定日が確定してから申請してください。
注意2: 本人以外の方が届出する場合は、上記の書類に加えて、窓口に来られた方の本人確認書類が必要となります。
注意3: 郵送による届出の場合も、妊婦本人の個人番号(マイナンバー)が確認できる書類の提出が必要となります。

福島県内にお住まいの方

いわき出張所(健康介護課保健衛生係)、会津若松出張所(福祉課健康介護係)で交付しています。(郵送での交付や代理人による申請も可能です。)

公式サイトから、妊娠届出書をダウンロードすることができます。

福島県外にお住まいの方

現在、原発避難者特例法(※)により、住民票を移さなくても、避難先の自治体で「母子健康手帳」および「妊婦健康診査受診票」の交付を受けることができます。妊娠が分かったら、(1)避難先の自治体の母子保健担当部署に問い合わせのうえ必要な手続きをおこない(2)大熊町からのご案内がありますので、大熊町役場いわき出張所保健師まで一度ご連絡ください。

東日本大震災における原子力発電所の事故による災害に対処するための避難住民に係る事務処理の特例及び住所移転者に係る措置に関する法律(平成23年法律第98号)

母子健康手帳および母と子の健康のしおり(妊婦健康診査票)を紛失したときについて

母子健康手帳および母と子の健康のしおり(妊婦健康診査票)を紛失したときは、再交付をすることができますので、ご連絡ください。ただし、再交付した母子健康手帳に転記できる内容は、当町に記録が残っている情報のみとなりますので、ご了承ください。

母と子の健康のしおり(妊婦健康診査受診票)については、使用回数に応じて受診票を再交付しますので、妊婦健診の受診回数が分かるもの(母子健康手帳)をご持参ください。