同じ市区町村内で転居するとき(住民票の異動)

住民票は、住んでいる場所を公的に証明する書類です。引っ越しなどをしたときは、変更の手続きをしてください。

そのほか、住所変更の手続きが必要なものがあります。

  • 震災後の転居は、婚姻などによる場合のみの受付となります。
手続き 説明 参照先 手続き窓口問い合わせ先

転居届

同じ市区町村内で転居するときに提出します。転居日から14日以内に届け出てください 住民課

避難先変更届

町で避難先を把握するため、避難先住所が変わるときは避難先変更届も提出してください 【→避難先変更届】 住民課

住民基本台帳カードの記載事項変更届

記載事項の変更届が必要です 住民課

住民基本台帳カードの公的個人認証(電子証明書)

e-Taxなど、インターネットを通じてオンラインで手続を行う際に必要な個人認証に、住民基本台帳カードを使用している場合は、再度電子証明書の発行申請が必要です 住民課

マイナンバーカード(または通知カード)の記載事項変更届

記載事項の変更届が必要です 住民課

マイナンバーカードの公的個人認証(電子証明書)

e-Taxなど、インターネットを通じてオンラインで手続を行う際に必要な個人認証は、公的個人認証の手続が必要です 住民課

国民健康保険被保険者証の住所変更

国民健康保険に加入しているときは、保険証に記載されている住所が変わりますので、変更後の保険証が交付されます 【→国民健康保険】 住民課

後期高齢者医療被保険証等の住所変更

後期高齢者医療制度に加入しているときは、保険証に記載されている住所が変わりますので、変更後の保険証が交付されます 【→後期高齢者医療保険】 住民課

介護保険被保険者証の住所変更

被保険者証の住所変更が必要です 【→介護保険】 健康介護課

年金を受け取っているとき

年金を受け取っているときは、住所変更の手続きを行ってください。問い合わせ先は、住民課国保年金係、または最寄りの年金事務所です。

また、年金を受け取る金融機関が変わる場合は、支払い機関の変更手続きをしてください。

お子さんがいるときは

転居に伴い、転校する場合は、手続きしてください。

お子さまの状況 手続き 手続き窓口・問い合わせ先

小中学生の場合

転学に、転学通知書が必要ですので、発行手続きをしてください 町立小学校の場合:教育総務課
避難先で通学している場合:避難先市町村の教育委員会

幼稚園に通っている場合

入園、転園については、直接、それぞれの幼稚園にお問い合わせください

保育所に通っている場合

入所・退所手続きについては、直接、それぞれの保育所にお問い合わせください

また、児童手当などを受給しているときは、それぞれ住所変更の手続きが必要です。乳幼児医療費助成受給者証なども、住所変更が必要になります。

手続き 説明 参照先 手続き窓口
問い合わせ先

児童手当の住所変更

児童手当を受給しているときは、住所変更の手続きを行ってください 【→児童手当】 住民課

乳幼児医療費助成受給者証の住所変更

0歳から就学前までのお子さんの医療費を助成するためにお渡ししているものです。受給者証の住所変更手続きを行ってください 【→乳幼児医療費助成】 福祉課

子ども医療費助成受給者証の住所変更

小学校1年生から高校卒業までのお子さんの医療費を助成するためにお渡ししているものです。受給者証の住所変更手続きを行ってください 【→子ども医療費助成】 福祉課

障がいのある方

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの場合は、住所変更の手続きを行ってください。

手続き窓口および問合せ先
福祉課(身体障害者手帳、療育手帳)
健康介護課(精神障害者保健福祉手帳)

仮設住宅等から退去するとき

入居している仮設住宅・借上げ住宅を退去する場合には、「仮設住宅等使用終了届」を提出してください。

「仮設住宅等使用終了届」は会津若松出張所 生活支援課、いわき出張所、中通り連絡事務所の窓口のほか、郵送でも受け付けています。

申請用紙は、窓口に備え付けているほか、公式サイトからもダウンロードできます。

その他必要な手続き

特定疾患医療受給者証をお持ちの場合は、住所変更の必要がありますので、担当課へお問い合わせください。

また、犬を飼っている場合は登録事項の変更が必要になります。

手続き 説明 手続き窓口
問い合わせ先

特定疾患医療受給者証

医療受給者証の住所変更が必要です 福島県

犬の登録事項変更

登録している犬情報変更が必要です。環境対策課で手続きしてください 環境対策課