仮設住宅

応急仮設住宅が、会津若松市といわき市に設置されています。

緊急避難措置としての一時的提供となるため、家賃は無料です。

入居の応募資格

自らの資力では住宅を確保できない方で、以下の全ての項目に該当する世帯が対象です。

  1. 大熊町に住所を有している世帯およびその家族
  2. 原子力事故による避難指示等が出ている区域から避難している世帯
  3. 入居が決定した住宅へすみやかに入居できること

申込方法

大熊町応急仮設住宅等入居申請書に必要事項を記入のうえ、会津若松出張所、いわき出張所、中通り連絡事務所の窓口に提出するか、郵送してください。

申請書は窓口に備えつけてありますが、郵送でお送りすることもできます。生活支援課にお問い合わせください。

入居の際に必要な書類

以下の書類が必要です。

入居決定通知書 町からお送りする書類です
誓約書 入居に際して守っていただくべき事項についての誓約書です
被災証明書 町からお送りしているものです。被災証明書は、平成26年6月よりカード型になっています
仮設住宅、借上げ住宅等の使用終了届(変更契約書等) 仮設住宅への入居に伴って、それまで入居していた仮設住宅や借上げ住宅を退去する場合には、「仮設住宅等使用終了届」を提出してください。【→仮設住宅等から退去するとき(P.20)】を参照してください
就業証明書等 入居する仮設住宅のある市区町村での就業や就学を証明するものです。就業先等に依頼してください