平成28年度東日本大震災復興交付金事業計画の進捗状況

 復興交付金とは、平成23年12月に成立した「東日本大震災復興特別区域法」により、著しい被害を受けた地域の復興地域づくりに必要となる事業を対象に、被災地方公共団体が自らの復興プランの下に進める地域づくりを支援し、復興を加速させる目的で創設された交付金です。

 平成25年度以降、大熊町では、大熊町復興まちづくりビジョン策定のため、復興交付金の活用をしています。