大熊町第二次復興計画について

東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故の発生により、避難生活を余儀なくされてから4年が経過した現在、皆さまにおかれましては、先行きの不透明さに不安を覚えられるとともに、長引く避難生活で多大なるご苦労をされていることと思います。

大熊町では、今後10年間を目標年次とし、「町民生活再建支援」と「町土復興」の2つの柱を理念とした「第二次復興計画」を策定いたしました。

計画策定にあたっては、大熊町復興計画検討委員会を設置し、計画の考え方、理念・方向性、施策・事業等について様々なご意見をいただいております。

今後は、第二次復興計画に基づき、町の復興を進めてまいりますので、よろしくご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

大熊町第二次復興計画

大熊町第二次復興計画

大熊町第二次復興計画概要版

第二次復興計画中間報告に関するアンケート結果