国等の動き

 これまで国(政府)は町内のそれぞれの区域(土地)に対して、避難区域の見直しや中間貯蔵施設の建設等の様々な決定を行ってきました。

 町では、町民の皆さまの健康管理や今後の町の復興等には必要な決定ということを理解しつつ、避難指示の解除時期が不明なことや追加被ばく線量の明確な基準がない等の現状をどうするのか、という問題を国に対し早急に解決するよう申し入れをしております。

 

 今後も町は、国(政府)の決定等に厳格に応対し必要に応じて迅速な要望をしていきます。

 また、本サイト等により今後も国(政府)等の決定事項を町民の皆さまにお知らせをしていきます。

関連記事

2014/12/2 復興推進委員会が大川原を視察しました
2014/9/1 中間貯蔵施設について石原前大臣が説明しました
2014/7/10 国土交通省局長が大川原を視察、要望書を手渡しました
2014/6/30 経済産業副大臣と意見交換を行いました
2014/4/20 小泉政務官が大川原地区を視察しました
2014/2/13 佐藤雄平知事が国に対し中間貯蔵施設集約を申し入れました
2014/2/4 中間貯蔵施設安全対策検討会(第5回目)及び中間貯蔵施設環境保全対策検討会(第4回目)合同検討会について
2013/12/24 福島県復興公営住宅整備計画が見直されました
2013/12/17 国から中間貯蔵施設の受け入れ要請がありました
2013/10/25 中間貯蔵施設安全対策検討会(第4回目)について
2013/9/27 中間貯蔵施設安全対策検討会(第3回目)について
2013/9/17 中間貯蔵施設安全対策検討会(第2回目)について
2013/9/11 中間貯蔵施設安全対策検討会(第1回目)及び中間貯蔵施設環境保全対策検討会(第1回目)の開催について
2013/8/26 復興公営住宅にかかる先行展示施設について
2013/8/26 復興公営住宅の整備について
2013/5/30 中間貯蔵施設の事前調査が行われています
2013/4/15 中間貯蔵施設の事前調査について
2012/12/3 大熊町の警戒区域見直しに関する国の公示について
2012/8/22 双葉地方及び福島県と国との協議会が開かれました
2012/7/20 国が避難指示区域における各賠償項目の考え方を発表しました
一覧を見る