大熊町の紹介

概要

大熊町は、昭和29年11月1日に大野村と熊町村が町村合併促進法により合併して、人口8,815人(男 4,310人、女 4,505人)、世帯数1,550戸、総面積78.51平方キロメートルの町として発足しました。

合併前の大野村は、明治22年4月1日町村制施行の時に、野上村、大川原村、下野上村の3村が合併したものであり、熊町村は熊川村、熊村(明治13年7月15日に熊村と佐山村の2村合併)、夫沢村、小良浜村および小入野村の5か村が合併してできたものです。

藩政時代は現代の双葉郡・双葉町一帯とともに相馬藩領内七郷のうち、南標葉郷陣屋の支配下に属し南は磐城に接し、戦国時代は国境陣地群を形成し、徳川期となって元和年間以降は熊駅に関門が置かれました。

平成23年3月11日の東日本大震災に起因する福島第一原子力発電所事故により、発電所の半径20km圏内に「警戒区域」が設定されたため、町役場の主要機 能は約100km西に位置する会津若松市に移転を余儀なくされ、町民約11,000人も、会津若松市やいわき市をはじめ、全国各地に避難をしています。

平成24年12月10日に、「警戒区域」が「帰還困難区域」・「居住制限区域」・「避難指示解除準備区域」に再編され、町民の約95%が居住していた地域が「帰還困難区域」となったため、町としても「5年間は帰町しない」判断を行ったところです。

【位置】

  • 北緯 37度22分19秒~37度25分50秒。
  • 東経 140度51分29秒~141度2分30秒。

 

いわき市より北に49km、宮城県仙台市より南に103kmの地点にあり、福島県浜通りの中央部に位置します。東は太平洋に面し、西は阿武隈山系の分水嶺をもって田村市と境し、南は富岡町、川内村に、北は浪江町、双葉町に隣接しています。

【地勢】

西高東低、海抜676mより3mと起伏に富み、東西15.4km、南北に6.7km、総面積の64%は山林で、うち約46%は国有林。阿武隈の山稜から町内の南部、中部、北部に3条の支脈が丘陵をなして太平洋に尽き、その間を熊川、小入野川、夫沢川の3小河川が東流して流域に耕地を造っています。

【気候】

東日本型海洋性で夏は涼しく、冬は比較的温暖で、年間降水量も1,200ミリ前後でほとんど積雪をみません。

【面積】

78.71平方キロメートル