教育・学校

便利帳本文

入学・入園

現在、大熊町の幼稚園および小中学校は、下記の場所に開校しています。

避難先においては、避難先の自治体の小中学校に通うことができます。

奨学資金貸与制度

奨学金制度として、「奨学資金貸与学生」を毎年募集しています。

資格

大熊町在住の生徒または、大熊町出身の学生で、能力があるにもかかわらず経済的理由により就学困難と認められる方。

就学援助を受けたい

大熊町では就学援助の制度として、「奨学資金貸与制度」「奨学資金給付制度」があります。制度を利用するには一定の基準がありますが、「奨学資金給付制度」は返済の必要のない制度となっています。

奨学資金給付制度

就学援助のための奨学金制度として、「奨学資金給付学生」を毎年募集しています。

教育機会の均等を図る一助として、返済の必要がない奨学資金を給付しています。

町からのお知らせ

市町村対抗ソフトボール大会の大熊町チームを応援してください

第4回市町村対抗福島県ソフトボール大会が、10月14日()午前11時より相馬市の相馬光陽ソフトボール場・C球場で行われます。

初戦は新地町と対戦しますので、お時間のある方、お近くの方は大熊町チームの応援をよろしくお願いします!

大熊町文化展を開催します

平成29年度の大熊町文化展がいわき・会津で開催されます。つきましては10月13日(金)まで、町民の皆さんから作品を募集します。奮ってご応募ください。

また、文化展では文化財レスキューにより救出した文化財の展示も同時開催します。ぜひお越しください!

大熊町ふるさとまつり・芸能団体募集のお知らせ

10月22日()に行われる「大熊町ふるさとまつり」において、発表をおこなう芸能団体を募集します。ふるさと祭りのステージで練習の成果を発揮したいという方は、ふるってご応募ください。

なお、参加希望団体が多い場合は、持ち時間が少なくなる可能性がありますことも併せてご了承ください。

ふくしま駅伝の選手を募集します

ふくしま駅伝(市町村対抗県縦断駅伝競走大会)は、県民の体力の向上と中・長距離選手の育成・強化を図り、各市町村のふるさとおこしに寄与するとともに、「ふくしまづくり 新たな挑戦で」をスローガンにたすきをつなぎ、震災からの一日も早い復興を願い開催されます。

大熊町は1回目から昨年の第28回大会まで全ての大会に出場してきました。29回目となる今年も、順位アップを目標に大会まで取り組んでいきたいと思います。

「個人文化財レスキュー」活動を行います

大熊町教育委員会からのお願い

町民の自宅に眠る歴史的資料を安全な場所に運び出し、劣化や消失から守る町教育委員会の「個人文化財レスキュー」活動がスタートしました。

町所蔵の文化財については平成24年度、白河市の県文化財センター白河館・まほろんに約650点を運び出し、保管してもらっています。このほか個人宅にも貴重な資料が残されていると考えられ、今後町内で進む家屋解体による消失、後を絶たない盗難などから資料を救い、町民が代々受け継いだ営みを後世に伝えるため、レスキューに乗り出しました。

平成29年度奨学金貸与生募集期間を延長します

平成29年度の奨学資金貸与生募集期間の締め切りを、当初の3月21日から4月14日まで延長します。希望者は教育総務課までご連絡ください。電話受付後、申請用の資料を送付します。

来年の大熊町成人式は1月7日です

大熊町では平成30年成人式を次のとおり予定しています。


開催日

平成30年1月7日()

会 場

グランパルティいわき  (いわき市平谷川瀬明治町30)

該当者

平成9年4月2日~平成10年4月1日生まれの方

区域外就学の手続きはお済みですか?

大熊町に住民票がある児童・生徒が避難先の小中学校に通う際は、避難先の市町村教育委員会で区域外就学の手続きが必要です。まだ手続きがお済みでない方は手続きをお願いします。

なお、避難先市町村教育委員会によって手続き等は異なりますので、避難先の市町村教育委員会にお問い合わせの上、手続きを行ってください。

 

大熊町子どもに関する相談窓口のお知らせ

大熊町や福島県では子育てや教育、いじめに関する相談窓口をもうけております。悩んでいることや困っていることがありましたら、一人で悩まずに是非ご相談ください。

平成29年度奨学資金給付学生の募集期間を延長します

大熊町在住または大熊町出身の高校生(卒業生を含む)で、有能な者であるにもかかわらず経済的理由により大学進学が困難と認められる者に奨学資金を給付(返済の必要がない)し、教育の機会均等を図る一助とすることを目的として、希望者を募集します。

【更新】平成29年度の奨学資金給付学生募集期間の締切りを、当初の10月31日(月)から11月22日(火)まで延長します。

 

ご自宅に眠っている文化財はありませんか?

大熊町では、大熊町や相双地方の文化や歴史を守るため、来年度より皆さまのご家庭や身近にある文化財を保全する活動を行っていく予定です。ご自宅の蔵・倉庫などに古文書・古いノートなどの資料がありましたら大熊町教育総務課までご連絡ください。

「私たちの十五歳の頃」を紹介します(8)

大熊町地域学習応援協議会は文部科学省の平成26年度「学びを通じた被災地のコミュニティ再生支援事業(委託事業)」として、8人の町民の方に15歳の頃を振り返ってもらうインタビューを行い、「私たちの十五歳の頃」としてまとめました。町は同協議会からの依頼を受け、8人へのインタビューをホームページで1人ずつ紹介します。

8回目は片倉 荘次さんです。

「私たちの十五歳の頃」を紹介します(7)

大熊町地域学習応援協議会は文部科学省の平成26年度「学びを通じた被災地のコミュニティ再生支援事業(委託事業)」として、8人の町民の方に15歳の頃を振り返ってもらうインタビューを行い、「私たちの十五歳の頃」としてまとめました。町は同協議会からの依頼を受け、8人へのインタビューをホームページで1人ずつ紹介します。

7回目は廣島 テルさんです。

大熊弓道会の休会と弓具返却について

◆休会について
大熊弓道会は平成26年度の総会で諸事情等により継続が困難であると判断し、平成27年度末(平成28年3月)で休会にすることとしました。
各会員におかれましては、新しい地域でのご活躍等をご期待しております。再開は未定です。
◆弓具返却について

「私たちの十五歳の頃」を紹介します(6)

大熊町地域学習応援協議会は文部科学省の平成26年度「学びを通じた被災地のコミュニティ再生支援事業(委託事業)」として、8人の町民の方に15歳の頃を振り返ってもらうインタビューを行い、「私たちの十五歳の頃」としてまとめました。町は同協議会からの依頼を受け、8人へのインタビューをホームページで1人ずつ紹介します。

6回目は小泉 昌弘さんです。

「私たちの十五歳の頃」を紹介します(5)

大熊町地域学習応援協議会は文部科学省の平成26年度「学びを通じた被災地のコミュニティ再生支援事業(委託事業)」として、8人の町民の方に15歳の頃を振り返ってもらうインタビューを行い、「私たちの十五歳の頃」としてまとめました。町は同協議会からの依頼を受け、8人へのインタビューをホームページで1人ずつ紹介します。

5回目は鈴内 章一さんです。

「私たちの十五歳の頃」を紹介します(4)

大熊町地域学習応援協議会は文部科学省の平成26年度「学びを通じた被災地のコミュニティ再生支援事業(委託事業)」として、8人の町民の方に15歳の頃を振り返ってもらうインタビューを行い、「私たちの十五歳の頃」としてまとめました。町は同協議会からの依頼を受け、8人へのインタビューをホームページで1人ずつ紹介します。

4回目は井戸川 次男さんです。

「私たちの十五歳の頃」を紹介します(3)

大熊町地域学習応援協議会は文部科学省の平成26年度「学びを通じた被災地のコミュニティ再生支援事業(委託事業)」として、8人の町民の方に15歳の頃を振り返ってもらうインタビューを行い、「私たちの十五歳の頃」としてまとめました。町は同協議会からの依頼を受け、8人へのインタビューをホームページで1人ずつ紹介します。

3回目は塚本 英一さんです。

いわきで放課後学習会を始めます

7月22日から、いわき市の好間第三応急仮設住宅集会所で放課後学習会が始まります。

双葉郡の子ども達なら誰でも参加できます。この学習会では、授業で学んだ内容の復習と確認、そして、学び直しの勉強会を中心に学習サポートしていきます。

また、家庭学習を自ら進んでできる習慣を育んでいきます。また体験学習等を通じて楽しんで学べる学習会をみんなでいっしょになって創っていきます。

「私たちの十五歳の頃」を紹介します(2)

大熊町地域学習応援協議会は文部科学省の平成26年度「学びを通じた被災地のコミュニティ再生支援事業(委託事業)」として、8人の町民の方に15歳の頃を振り返ってもらうインタビューを行い、「私たちの十五歳の頃」としてまとめました。町は同協議会からの依頼を受け、8人へのインタビューをホームページで1人ずつ紹介します。

2回目は佐々木 武朗さんです。

「私たちの十五歳の頃」を紹介します(1)

大熊町地域学習応援協議会は文部科学省の平成26年度「学びを通じた被災地のコミュニティ再生支援事業(委託事業)」として、8人の町民の方に15歳の頃を振り返ってもらうインタビューを行い、「私たちの十五歳の頃」としてまとめました。町は同協議会からの依頼を受け、8人へのインタビューをホームページで1人ずつ紹介します。

初回は末永 精一さんです。

「学習支援」のご案内

大熊町地域学習応援協議会では、会津地域に住む大熊町の子どもを対象に「学習支援」を行います。

対象は、小学4年生から中学3年生までとなっています。

毎週、水曜日(19:00~20:30)・土曜日(13:00~15:00)に行いますので、希望される方は、次の連絡先にお申し込みください。

なお、会場までの送迎については、参加者または各家庭で対応願います。