結婚

便利帳本文

結婚したとき

結婚するときは役場に婚姻届を提出しますが、それ以外にも、年金や健康保険など、いくつかの手続きが必要な場合があります。

離婚したとき

離婚するときは役場に離婚届を提出しますが、それ以外にも、年金や健康保険など、いくつかの手続きが必要な場合があります。

町からのお知らせ

証明書のコンビニ交付一時停止します

大熊町ではマイナンバーカードをお持ちの町民の方を対象に、全国のコンビニエンスストアで各種証明書を取得できるサービスを行っていますが、システム保守作業のため、サービスを一時停止します。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。


サービス停止期間

2月21日(火) 午後5時30分~11時

 

避難先を登録する場合や避難先が変更した場合の届出について

出生やご結婚などにより町民となった方は、避難先を役場へお知らせください。また、これまで役場に届け出ていただいた避難先から変更される際にも新しい避難先を役場へお知らせください。

届け出は会津若松出張所住民課、いわき出張所、中通り連絡事務所の各窓口で受け付けています。手軽にできる郵送や電話での届け出も受け付けています。

 

被災証明書の交付について

平成26年6月よりカード型になりました被災証明書を対象の町民の皆様へお送りしております。

カード型のものについても従来の紙の被災証明書と同様に、窓口(会津若松出張所・いわき出張所・中通り連絡事務所)または郵便(送付先は会津若松出張所のみ)により発行しておりますので、必要な方は次のとおり請求してください。

被災証明書がカード型になります

このたび、カード型の被災証明書を発行することとなりました。

6月中旬より役場に登録されている避難先に順次発送いたします。準備が整いしだいの発送となるため、お手元に届く時期にばらつきがありますのでご了承ください。

交付対象者は、平成23年3月11日に当町に住民登録があり東日本大震災における原子力発電所の事故で被災された方です。

なお、従来発行しておりました被災証明書につきましても通常通り使用できます。

「住民票、印鑑証明書等」の交付について

窓口(会津若松出張所・いわき出張所・中通り連絡事務所)または郵便により発行業務を行っております。

窓口での請求手続き

窓口で請求手続きをされる場合は次のものををご持参ください。

「届出避難場所証明書」の発行について

平成25年3月1日より、「届出避難場所証明書」が発行可能となります。次のような事例を経験された方で、避難場所の証明書を希望する際は当証明書の発行を避難元市町村である大熊町役場住民課避難者名簿係までご請求ください。

住民票等の発行手数料について

~平成23年10月1日から第三者請求、弁護士請求は有料となります~

住民票・印鑑証明・戸籍関係の証明書の発行手数料については、被災者以外の方もすべて無料となっておりましたが、平成23年10月1日から被災者のみ無料とする扱いとなります。
 第三者請求、弁護士請求される方は、既定の手数料の納付をお願いします。
 また、申請の方法については従来のとおりです。