生活

町からのお知らせ

栽培作物および樹木に含まれる放射性物質の測定に関する報告

大熊町では、一日も早い営農再開のために福島大学うつくしまふくしま未来支援センターと共に2012年から毎年、町内で栽培した作物の放射性セシウム濃度調査を行っています。

栽培作物の濃度調査は、昨年も「福島大学うつくしまふくしま未来支援センター」および「株式会社加速器分析研究所」へ委託。また、初めて実施した未除染地域の樹木中の濃度調査は、「株式会社日本環境調査研究所」に委託して、いずれもゲルマニウム半導体検出器を用いて測定しました。

県民健康調査「妊産婦に関する調査」について

福島県と福島県立医科大学では、平成23年度より毎年、質問紙による「妊産婦に関する調査」を行っています。

この調査では、東日本大震災以降、福島県内のご心配を抱えた妊産婦の皆さまに対して、サポートを提供すると共に、福島県で子どもを産み育てようとする妊産婦の皆さまの現状やご意見・ご要望を的確に把握し、よりよい産科医療および育児支援を提供できるよう活かすことを目的に実施しています。

アルコール家族相談会のご案内

お酒の問題で悩んでいませんか?その対応に困って、一人で抱え込んでいませんか?

この相談会は、CRAFTを活用し、「ご家族が自分自身の生活を豊かにすることで気持ちに余裕が生まれ、飲酒問題にも上手に対応できるようになる。」ことを目的としています。

どんな相談会なのか、一度参加してみませんか。

子宮がん検診(町集団検診)のご案内

表の日程で、集団検診を実施します。意向調査で申し込んだ方へは、受診録等が届きますので、受付時間等を確認のうえ受診してください。まだ申し込んでいない希望者は事前にお申し込みください。

平成29年度中小企業等復旧・復興支援事業について

「東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所」により被害を受けた県内中小企業者等の皆様に、事業再開に必要となる経費の一部を補助する制度です。

受付期間

平成29年6月5日(月)から平成29年7月7日(金)まで

※申請は各地方振興局窓口へ直接持参してください。

支障木の伐採について

道路に隣接している私有地(山林、宅地)から樹木などのが繁茂していると、一時帰宅の際、道路の見通しが悪く、事故につながる恐れがあります。

事故防止の観点から早急に対応が必要なため、剪定・伐採する際は所有者への連絡を行いませんので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

歯科口腔健康診査モデル事業を実施します

後期高齢者医療保険の被保険者の皆さまの歯科健康保持および疾病予防等のため、今年度は次の内容で歯科健診モデル事業を実施します。

歯の健康は口腔状態の悪化による歯周病予防や、かむ力の低下による誤嚥性肺炎予防のために大変重要です。

この機会に歯科健診を受診しましょう。

大熊町内における例外的な事業の実施について

大熊町内(避難指示区域内)で事業の再開や営農の実施を希望する場合は、次の避難指示区域内における活動の留意点を守り、申請様式に従って町に申請してください。事業実施の要件を満たし、実施の必要があると町が判断した場合、例外的に事業の実施が認められます。

 

野菜の出荷・摂取制限が一部解除されました

町では野菜の出荷・摂取制限解除に向け、平成27、28年度の2年間にわたって大川原のほ場で野菜4種類(非結球性葉菜類、結球性葉菜類、アブラナ科花蕾類、カブ)の実証栽培を実施してきました。このほど、県のモニタリング検査で厚生労働省の定める基準を下回ったことから、居住制限区域の大川原地区、避難指示解除準備区域の中屋敷地区の制限が3月14日、政府の原子力災害対策本部(本部長・内閣総理大臣)より解除されました。

こころの相談会のご案内

~県精神保健福祉センターから~

県精神保健福祉センターでは、思春期のこころの問題やアルコール、ギャンブル等の依存に関する悩みについて、精神科医師による相談を行っています。 

どうぞご利用ください(カウンセリング等の治療は行っていません)。相談は予約制ですので、お問い合わせください。

 

薬物家族教室のご案内

~県精神保健福祉センターから~

ひとりで悩んでいませんか?同じ悩みを分かち合い、気持ちを楽にしませんか?薬物乱用・依存の問題を抱える家族のための家族教室を開催します。

 

薬物関連専門相談のご案内

~県精神保健福祉センターから~

薬物等の乱用・依存の問題でお悩みの方のために専門相談窓口を開いています。ご本人、ご家族、友人等どなたでも相談できます。

※秘密は厳守します。ご安心ください。

 

心の健康相談 (会津若松市)

~県会津保健福祉事務所から~

平成29年度の「心の健康相談」のご案内です。

うつ状態、ひきこもり、アルコール問題など精神的な悩みでお困りの方、またその家族の方の相談に、精神科医や保健師が応じます。

秘密は厳守します。お気軽にご相談ください。

うつ病家族教室 (会津若松市)

~県会津保健福祉事務所から~

平成29年度の「うつ病家族教室」のご案内です。

うつ病は決して特別な病気ではなく、誰でもかかる可能性があります。教室に参加し、うつ病の知識や患者さんへの接し方を学ぶとともに、ご家族同士で日ごろの思いを話してみませんか?

 

ひきこもり家族教室 (会津若松市)

~県会津保健福祉事務所から~

平成29年度の「ひきこもり家族教室」のご案内です。

ひきこもりは様々な要因から自宅にこもりっきりになってしまい、労働や修学など社会生活の場が長期にわたって失われている状態のことです。「いつまで続くのか」という不安や焦り、子育てを振り返っての自責の念にかられることもあるでしょうが、皆さんは一人ではありません。家族同士集い、語り合ってみませんか。

 

中小企業向け復旧・復興支援ガイドブックの掲載と補助金募集開始のお知らせ

福島県商工労働部より平成29年度福島県内の中小企業向け復旧・復興支援ガイドブック(平成29年10月版)について情報提供します。福島県では、復旧・復興を目指す県内の中小企業の皆様を支援するため補助制度や資金繰り支援制度、雇用支援制度等を実施するほか、各種相談窓口を設置しています。

平成29年度上期原子力発電施設等周辺地域企業立地支援事業について

原子力発電施設等の所在市町村および隣接市町村における企業立地を支援するため、一定期間にわたって企業の支払った電気料金等に基づき、給付金を交付する制度(原子力発電施設等周辺地域企業立地支援事業(F補助金))があります。当該制度の申請を希望する方は、次の補助金申請窓口(一般財団法人 電源地域振興センター 総務企画部立地審査課)までご連絡ください。

なお、対象地域、交付対象者、申請方法など、制度の詳細についてはHPよりご確認ください。

総合健診意向調査を送ります

20歳以上の方を対象に、総合健診の意向調査を4月上旬に送付します。受診の希望確認のための大事な書類です。受ける、受けないに関わらず必ず提出してください。詳しい日程は、意向調査の封筒に同封されている「平成29年度大熊町総合健診のご案内」をご覧ください。4月15日を過ぎてもお手元に届かない場合は、お手数ですがお問い合わせください。

 

予防接種のお知らせ

予防接種は、ウイルスや細菌の毒性を弱めて作ったワクチンを体の中に入れることによって、病気から身体を守るための免疫を作ります。予防接種の効果と副反応をよく理解し、対象となる年齢になったら早めに接種しましょう(対象年齢・時期を過ぎてしまうと自費になってしまいます)。

定期予防接種

(積極的勧奨対象の方には個人通知をしています)

大熊町森林整備計画を変更しました

森林法改正に基づき、福島県地域森林計画が変更されたことに伴い、大熊町森林整備計画を変更しましたので公表します。

大熊町森林整備計画

大熊町では、町と森林所有者が一体となって計画的に保育・間伐等の森林整備を積極的に進め、基盤となる路網の整備を推進するため、また、森林組合等による施業実施体制の整備、森林組合や林業関連事業体の育成、関連施策の積極的活用等を図り森林整備を計画的に推進するため、大熊町森林整備計画を策定しています。

 

骨髄ドナーに助成金を交付します

大熊町では、骨髄ドナー(提供者)になられた方へ助成金を交付します。

骨髄・末梢血幹細胞移植は白血病などに有効な治療とされています。助成金を交付することでドナーの経済的負担等を軽減し、ドナーの増加、骨髄移植推進を図ります。

避難勧告等の名称が変更されました

国の「避難勧告等に関するガイドライン」の改正により「避難準備情報」は「避難準備・高齢者等避難開始」に、「避難指示」は「避難指示(緊急)」と名称が変更されました。

主な基準および行動する内容については次のとおりです。

風しん抗体検査・予防接種費用を助成しています

風しんの免疫を持たない女性が妊娠中に風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんに、難聴・先天性心疾患・白内障などの症状(先天性風しん症候群)が現れる可能性があります。

次に該当する方に対して、ワクチン接種費用と抗体検査費用を助成します。

インフルエンザ予防接種はお早めに

定期予防接種について

接種対象の年齢や接種期間が過ぎてしまうと自費での接種となってしまいます。例えば、お子さんの麻しん風しん予防接種は、1期は1歳~2才未満、2期は就学前の1年間など、受ける予防接種によって接種時期等が異なります。
お子さんの母子手帳を今一度確認し、接種もれがないか確認しましょう。不明な点がありましたらご連絡ください。

インフルエンザ予防接種の費用助成

来年から65歳以上の方も雇用保険の適用対象となります

これまで65歳に達した日以降に雇用された方は、雇用保険の適用除外でしたが、来年1月以降、1週間の所定労働時間が20 時間以上で、31日以上の雇用の見込みがあれば、原則として雇用保険の対象となります。対象となる労働者を雇用する事業主の方は、加入手続きが必要となります。

詳しくは最寄りのハローワーク(公共職業安定所)にお問い合わせください。

 

町内の気象観測データの欠測およびアドレス変更について

大熊町では、発電所からの大規模な放射性物質の放出に備えて、昨年長者原と新町に気象観測装置の設置を行いました。

気象観測データは、町のホームページやタブレットから見ることができますが、現在機器が不調のため、一部のデータが表示されない等の症状がでています。

原因調査と対策は現在実施中ですが、対策の1つとしてアドレスの変更を行いました。

直接リンクを張っている方は、以下のアドレスへの変更をお願いします。

ページ