生活

便利帳本文

保険証や医療証の使い方

国民健康保険に加入している方や、職場の健康保険に加入している方は、医療機関を受診する際には必ず加入している健康保険の被保険者証を窓口に提示してください。被保険者証を提示することで、加入している健康保険から医療費の7〜10割が助成されるため、窓口での支払い負担が軽くなっています。

病気になった

病院のかかり方

早めの受診を心がけましょう

具合が悪いと思ったら、早めに受診するようにしましょう。また、病気を早期に発見するため、健康診断などを定期的に受けましょう。

病院にかかる際に利用できるサービス

高齢者や障害者手帳をお持ちの方などを対象に、通院サービスなどを提供しています。

人工透析患者通院交通費助成

腎臓機能障害の方が、医療機関で人工透析を受けるために通院するときの交通費について、一部を給付しています。

健康診断を受けたい

町民の方の健康を守るため、健康診断(健診)を実施しています。

積極的に受診し、病気の予防と早期発見に役立ててください。

予防接種をうけたい

予防接種には、定期予防接種と、任意予防接種があります。

定期予防接種にはそれぞれ対象年齢がありますので、その時期に接種してください。接種対象時期は無料で接種できますが、時期を過ぎると自費となります。

相談したいとき

法律について、また福祉や介護、健康についてなど、さまざまな悩みごとについての相談窓口一覧です。

窓口としては、町役場だけでなく、国や県のさまざまな行政機関が開設しているものもあります。窓口によっては電話で予約をして、直接話を聞くところもあります。1人で悩む前に、一度ご相談ください。

各避難先の窓口が知りたい

全国の各都道府県における被災者支援の窓口です。避難先における生活や手続きで分からないことがあった場合は、大熊町役場に問い合わせるか、または避難先の都道府県の窓口にご相談ください。

税などの軽減措置について

保険と年金の軽減措置について

国民健康保険税ならびに一部負担金

東日本大震災および避難指示・屋内退避指示を受けた市町村の被保険者の方は、国からの財政支援を受け、国民健康保険税ならびに一部負担金(本来、窓口で支払う負担金)が、免除となっています。

東日本大震災(原子力災害)に係る町税の軽減措置について

平成28年度以降につきましては、国からの財政支援の状況等により、議会の議決を得て実施の有無を決定することになります。決定次第、広報などでお知らせいたします。

個人町県民税

所得区分(所得の額)に応じて、10分の1から全額まで、段階的な減免を行っています。

土地・建物の代替取得に係る各税の特例措置について

大熊町で土地・建物を所有していた方が、避難先で土地・建物を代替取得した場合、以下の税金の特例措置があります。

固定資産税

代替取得した土地・建物の所有に係る固定資産税が、大熊町で所有していた土地および家屋の面積相当分を上限として、軽減されます。

町民の健康について

健康調査について

県民の健康を守るため、福島県が主体となって、健康調査を行っています。健康調査では、以下のような検査を実施しています。

県民健康管理ファイルについて

県民健康管理ファイル

県民健康管理ファイルは、健康状態を把握するとともに、医療機関受診の際の参考になるよう、健康についての調査や検査結果などをまとめて記録、保存できる家庭用カルテ・健康手帳です。

放射線量に関する必要な情報についてもまとめてあります。健康な生活を送るため、ぜひ活用してください。

内部被ばく(ホールボディカウンター)検査について

内部被ばく(ホールボディカウンター)検査について

町民の皆さまの健康不安の解消と長期的な健康管理を目的として、内部被ばく検査をお勧めしています。ご自身の身体の状況を確認するためにも、受検することをお勧めします。

町からのお知らせ

ウォーキング(いわき市)

暖かい季節になりました。みんなで一緒にウォーキングを始めてみませんか?

いきいき教室 (会津若松市)

楽しく体を動かして、運動習慣のきっかけに。体も心も、いきいきと元気になれる教室です。

男塾 (会津若松市)

男性が楽しく集まる場として男塾を実施しますので、ぜひご参加ください。今回限りの参加も可能です。

 

子育てひろば (いわき市)

「子育てひろば」は、育児への不安感や孤立感を解消するために、いわき出張所を解放して行われており、利用する方が少しずつ増えてきています。ぜひご参加ください!

 

大熊町内における例外的な事業の実施について

大熊町内(避難指示区域内)で事業の再開や営農の実施を希望する場合は、次の避難指示区域内における活動の留意点を守り、申請様式に従って町に申請してください。事業実施の要件を満たし、実施の必要があると町が判断した場合、例外的に事業の実施が認められます。

 

野菜の出荷・摂取制限が一部解除されました

町では野菜の出荷・摂取制限解除に向け、平成27、28年度の2年間にわたって大川原のほ場で野菜4種類(非結球性葉菜類、結球性葉菜類、アブラナ科花蕾類、カブ)の実証栽培を実施してきました。このほど、県のモニタリング検査で厚生労働省の定める基準を下回ったことから、居住制限区域の大川原地区、避難指示解除準備区域の中屋敷地区の制限が3月14日、政府の原子力災害対策本部(本部長・内閣総理大臣)より解除されました。

弾道ミサイルが発射されたら

弾道ミサイル落下時の行動についてのお知らせです。

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れたら、直ちに次の行動をとってください

■屋外にいる場合

・近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する

こころの相談会のご案内

~県精神保健福祉センターから~

県精神保健福祉センターでは、思春期のこころの問題やアルコール、ギャンブル等の依存に関する悩みについて、精神科医師による相談を行っています。 

どうぞご利用ください(カウンセリング等の治療は行っていません)。相談は予約制ですので、お問い合わせください。

 

薬物家族教室のご案内

~県精神保健福祉センターから~

ひとりで悩んでいませんか?同じ悩みを分かち合い、気持ちを楽にしませんか?薬物乱用・依存の問題を抱える家族のための家族教室を開催します。

 

薬物関連専門相談のご案内

~県精神保健福祉センターから~

薬物等の乱用・依存の問題でお悩みの方のために専門相談窓口を開いています。ご本人、ご家族、友人等どなたでも相談できます。

※秘密は厳守します。ご安心ください。

 

心の健康相談 (会津若松市)

~県会津保健福祉事務所から~

平成29年度の「心の健康相談」のご案内です。

うつ状態、ひきこもり、アルコール問題など精神的な悩みでお困りの方、またその家族の方の相談に、精神科医や保健師が応じます。

秘密は厳守します。お気軽にご相談ください。

ページ