インフルエンザ予防接種の費用を助成します

高齢者とお子さんを対象に、インフルエンザ予防接種の費用を助成しています。体調の良いときに早めに接種しましょう。

その他の予防接種(ロタウイルス、おたふく、成人の風しん抗体検査、風しん予防接種、高齢者肺炎球菌等)の費用も助成しています。接種後おおむね1か月以内に申請書等を提出してください。

 

季節性インフルエンザ予防接種

1.高齢者(推奨)

高齢者のインフルエンザ予防接種の助成対象期間を延長します

今年は、インフルエンザワクチンの市場での供給に滞りがあります。
接種希望者が主治医のもとで安心・安全に接種できるよう、次のとおり助成の対象となる接種期間を延長します。

(該当する方に個別通知しました)
対象者
  • 昭和27年12月30日まで生まれた方で、接種日に年齢が65歳以上の希望者
  • 60歳以上65歳未満で心臓やじん臓・呼吸器に重い病気のある方のうち希望者(障がい者手帳1級程度の方)
  • 60歳以上65歳未満でヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に障がいがある方のうち希望者
対象接種期間
変更前: 平成29年10月2日(月)~平成29年12月30日()まで
 
変更後: 平成29年10月2日(月)~平成30年1月31日(水)まで
助成回数 1回接種分
接種場所 各医療機関(接種の際は必ず予約を入れてください。)



県内 接種時に支払いはありません
医療機関に直接予約し、お送りした予診票を持参し接種してください。
いわき市は10月15日から、会津若松市は11月1日から、郡山市は10月10日からの接種になります。
(開始時期は各地域、医療機関によって異なります。電話等にて確認して接種してください)
県外 避難先市区町村の助成額によって自己負担が生じた場合、自己負担分を後日還付します
避難先登録市区町村の予防接種担当課に連絡して、接種手続きをしてください。
町に自己負担分の還付を申請する際は、助成申請書・領収書(原本)・予診票(コピー)の3点を提出してください。助成の申請については接種終了後、1か月以内に手続きをしてください。

◆申請書ダウンロード

 

2.小児(任意)

任意接種のため自費ですが、接種費用全額を助成します。

対象者 大熊町に住民票がある
 生後6か月~中学校3年生までの希望者
対象接種期間 平成29年10月2日(月)~平成30年1月31日(水)まで
助成回数 6か月~13歳未満→2回接種分(2回接種する方は、2回分まとめて申請してください。)
13歳以上~中学3年生→1回接種分
接種場所 各医療機関(接種の際は必ず予約を入れてください。)
持参物 母子(親子)健康手帳、保険証、診察券
備考 予診票は医療機関の予診票をお使いください。
申請方法
助成申請書は、会津若松出張所・いわき出張所・中通り連絡事務所の各事務所に備えつけてあります。送付を希望する方はご連絡ください。(下の申請書ダウンロードからもダウンロードできます)
予防接種費用を一度自己負担していただき、その後助成申請書・領収書(原本)・予診票または母子健康手帳のコピー(接種日が記載されている部分)の3点を係へ提出してください。
助成申請手続きは、接種終了後すみやかにおこなってください。

◆申請書ダウンロード

 

お問い合わせ先
大熊町役場いわき出張所 健康介護課保健衛生係
フリーダイヤル:0120-26-5671(代表)
大熊町役場会津若松出張所 福祉課健康介護係
フリーダイヤル:0120-26-3844(代表)