弾道ミサイル発射時の行動について

~爆風や破片などによる被害を避けるために~

「Jアラート」を活用したメッセージが流れたら
 落ち着いて、直ちに行動してください


<屋内にいる場合>
 できるだけ窓から離れるか窓のない部屋に移動し頭部を守る

<車に乗っている場合>
 車を安全な場所に止め近くの建物に避難する(または、車内で姿勢を低くする)

<屋外にいる場合>
 速やかに近くの建物 (頑丈)に避難する

<屋外にいて、近くに建物がない場合>
 物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る


緊急情報の流れについて

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、Jアラートを使用して、防災行政無線やコミュニティFMの割込み放送で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報が流れます。
携帯電話、スマートフォンのほとんどが緊急速報メール、エリアメールを受信できますが、一部には受信できないものがあります。
お使いの機種が受信できるかどうかの確認方法と、受信できない場合等の対策として、消防庁が作成した資料を県のホームページにも掲載していますので、ご覧ください。
市町村からの緊急情報のお知らせ方法については、市町村によって異なりますので、避難先の市町村にお問い合わせください。

弾道ミサイル発射時のメッセージ

<ミサイル発射>

弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断

【第1報】ミサイル発射情報・避難の呼びかけ

ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難してください。」

(1)日本に落下する可能性があると判断した場合
【第2報】直ちに避難することの呼びかけ

「直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物や地下に避難してください。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに避難してください。」

【第3報】落下推定情報

「ミサイル落下。ミサイル落下。ミサイルが●●地方に落下した可能性があります。続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難してください。」

(2)日本の上空を通過した場合
【第2報】ミサイル通過情報

ミサイル通過。ミサイル通過。先程、この地域の上空をミサイルが通過した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡してください。」

(3)日本の領域外の海域に落下した場合
【第2報】落下推定情報

「先程のミサイルは、●●海に落下した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡してください。」


Q & A

Q1. ミサイルは発射から何分くらいで日本に飛んでくるのでしょうか。
A1. 北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する場合、極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。
例えば、平成29年8月29日に北朝鮮西岸のスナン付近から発射された弾道ミサイルは、約10分後に、北海道地方を通過後、襟裳岬の東約1,180kmの太平洋上に落下しています。
なお、弾道ミサイルの種類や発射の方法、発射場所などにより日本へ飛来するまでの時間は異なります。
Q2. なぜ頑丈な建物や地下へ避難するのですか。
A2. ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるためには屋内(できれば頑丈な建物)や地下(地下街、地下駅舎などの地下施設)への避難が有効だからです。
Q3. 建物内に避難してから気を付けることはありますか。
A3. 爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
Q4. 弾道ミサイルの情報が伝達されたとき、自動車の車内にいる場合はどうすればよいですか。
A4. 車は燃料のガソリンなどに引火するおそれがあります。
車を安全な場所に止めて、近くの建物(頑丈)や地下(地下街、地下駅舎などの地下施設)に避難してください。周囲に避難できる建物や地下施設がない場合、車から離れて地面に伏せ、頭部を守ってください。
Q5. 車から出ると危険な場合はどうしたらよいですか。
A5. 高速道路を通行している時など、車から出ると危険な場合には、車を安全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政からの指示があるまで待機してください。

チラシ

弾道ミサイル発射時の行動について 緊急情報の流れについて

弾道ミサイル発射時のメッセージ Q&A

弾道ミサイル発射時の行動について (PDF/466KB)

※詳細については、国民保護ポータルサイトをご覧ください