改葬の手続き窓口が住民課に変わります

これまで改葬手続き窓口を環境対策課、改葬許可証の発行は住民課で対応していましたが、7月1日から改葬手続き窓口も住民課に変更となります。

改葬とは、お墓に埋葬されている遺体、遺骨を別のお墓に納骨することです。大熊町内にお墓をお持ちで改葬を希望される方は、移動先の墓地管理者へ提出していただく改葬許可証の発行手続きが必要です。なお、改葬にあたっては次の条件を確認の上、手続き前に住民課にご相談ください
対象 改葬の条件
遺骨
(焼骨)
放射性物質による表面汚染が 13,000cpmを超えていないこと。改葬先の承諾を得られること
土葬の遺体 放射性物質による表面汚染が 13,000cpmを超えていないこと。改葬先の承諾を得られること。改葬先によっては、火葬が必要になる場合があります

手続き方法

必要書類を必ず住民課にご提出ください(郵送または持参)

必要書類

(1) 改葬許可申請書
申請書に記入していただき、提出確認後に墓地管理者の方に証明を依頼します。
(2) 改葬場所承諾書
改葬先(新しく移動される墓地等)の管理者の方から証明してもらいます。
(3) 改葬に伴う放射線測定結果
改葬前の持ち出しの事前確認のために遺骨等を東京電力HDで事前スクリーニングした結果が申請者および町にそれぞれ提出されます。

必要書類を住民課へ提出し、確認後に改葬許可証が発行されます。改葬が決まりましたら、立ち入り(持ち出し)当日に中継基地で持ち出した遺骨のサーベイを再度行っていただきます。
なお、サーベイは毛萱・波倉および加倉スクリーニング場のみの対応です。

改葬許可証の発行には時間がかかりますので、余裕をもって手続きしてください。改葬許可証は遺骨等を移動するために改葬先に原本をご提出いただく必要があります。改葬許可証の再発行はできませんので、賠償関係および中間貯蔵施設用地買収に関連して原本を提出しないようご注意ください

 

お問い合わせ先
大熊町役場会津若松出張所 住民課
フリーダイヤル:0120-26-3844(代表)